素直な人の方がテニスが上達しやすい理由

テニスの練習をする時、

高校であれば顧問の先生から指導を受け、

テニススクールであればコーチから指導を受けますよね。

顧問やコーチによって目の付け所は様々なので、

日々自分が思いもつかないようなアドバイスをもらうことかと思います。

そんな中、アドバイスを素直に聞かず、我流で練習をする人がいます。

我流での練習は間違えなくリスクが存在します。

我流が悪いとは言いませんが、素直に聞く人の方が上達しやすいです。

今日は素直な人の方が上達しやすい理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




素直な人の方が上達しやすい理由

アドバイスを素直に聞かずに我流で練習すると、以下のようなリスクがあります。

・間違った方法を延々と練習し、悪い癖がつく

・コツを掴むチャンス(きっかけ)が激減する

間違った方法を延々と練習し、悪い癖がつく

我流でやるということは、間違った方法を選択してしまう可能性が大きくなります。

もしも間違った方法を信じて練習し続けると、

ある程度は打てるようになりますが、一定のレベルからショットの質が向上しなくなります。

さらに、そのやり方で癖がついてしまいます。

悪い癖がついてしまうと新しい方法を実践して定着させるには時間がかかりますし、

修正する勇気も必要になります。

顧問やコーチからのアドバイスは、

基本的に「自分が実践してうまくいった方法」になります。

youtubeの動画から学んだりと、よほど信憑性の高い情報であれば問題ないですが、

そうでなく、自分の単なる思いつきを実践しようと思うのであれば、

まずはアドバイスを信用して実践する方がうまくいく可能性が高いです。

コツを掴むチャンス(きっかけ)が激減する

素直じゃない人は、アドバイスを聞き流してしまうので、

ずっと我流で練習し続けます。

アドバイスは実践することで、自分が目につかない視点から色んな気づきを得ることができ、上達する為のきっかけとなるのですが、

実践しない人は今まで自分が考えつく範囲での上達となってしまうので、上達スピードも今までの延長線をたどることになります。

これは長年停滞気味の人が特に延長線を辿りやすいです。

また、素直に聞いて実践する人は、

色んな方法を試すことで「何がうまくいって何がうまくいかない」という経験を得ることができます。

試合などの緊張した場面でこのような経験があると、

意識的にうまくいかない方法を選ばずにプレーすることができるため、土壇場でも勝負強くなります。

確かに我流で上達した人は世の中にいますが、それはほんの一握りです。

よっぽどセンスがあるか頭がキレる天才なので、我流でテニスをやることに楽しみを見出している人でない限りはオススメしないです。

もし上達できていないと感じた場合は、

一度アドバイスに耳を傾け、5分でも良いので実践してみてください。

素直な人の方がテニスが上達しやすい理由は以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする