硬式テニスとソフトテニスはどっちが簡単で始めやすい?

あなたはソフトテニス(軟式テニス)をやったことがありますか?

私は中学の時にソフトテニスをやっていました。

プニプニの白いボールを軟式専用のラケットでポーンと打つんですよね。

雨の日にボールを打つと気圧の影響か、

ボールがスピンをかけても落ちずに上へ飛んで行くんですよね笑

中学でソフトテニスはやめて、

高校では硬式テニスを始めたわけですが、

今日は、

硬式テニスとソフトテニス(軟式テニス)はどっちの方が簡単なのか?

について書いていきたいと思います。

私の経験上、

ソフトテニス(軟式テニス)の方が簡単でした。

理由は、

ソフトテニスは、

・どんな体勢でも打ち込める

・ボールが飛びにくい

・ボールが失速しやすい

この3つが大きな理由ですね。

スポンサーリンク

どんな体勢でも打ち込める

どれだけ体勢が崩れていても、窮屈な打ち方でも、

ソフトテニスはボールが軽いので手首や肘の力で打ち込むことができます。

硬式テニスでやってしまうと、

間違えなく手首や肘を痛めてしまいますので、

しっかり負担がかからない打点で打つために足を動かす必要があります。

ボールが飛びにくい

ソフトテニスはゴムボールを使い、

ラケットも硬式テニスと比べて小さいので、

ボールが飛びにくいです。

そのため、

ボールのコントロールもしやすいんですよね。

硬式テニスのボールは硬いですし、

ラケットも大きいので反発力が強くなります

そのため、

面の向きを意識して打たないとアウトが多くなってしまいます。

ボールが失速する

ソフトテニスでロブを打つと、

ゴムボールなので空気抵抗を受けやすく、

ボールが失速しやすくなります。

そのため、

アウトになりにくいですし、

失速によりボールスピードも落ちるので追いつきやすいです。

硬式テニスのボールはゴムボールよりも重いので、

失速したりスピードが落ちにくいです。

以上の3つにより、

硬式テニスよりもソフトテニスの方が簡単だと感じています。

なので、

簡単さを求めてテニスを始めるならソフトテニスが良いかと思います。

しかし、

私がソフトテニスを辞めて硬式テニスを始め、

今まで続けているのにも理由があります。

・メジャースポーツ

・難しいことができるようになる達成感

・フォームがかっこいい

このような理由ですね。

メジャースポーツ

ソフトテニスはほとんど日本でしか競技されていませんよね。

錦織圭選手やアンディマレー選手など、

日常的に名前を聞くメジャースポーツですし、

テレビでも硬式テニスの試合がたくさん放映されているので、

とても白熱するんですよね!

難しいことができるようになる達成感

硬式テニスはフットワークが重要で、

ボールコントロールが難しいですが、

できるようになったときの嬉しさや達成感も強く感じられます。

やりがい』が強く感じられるので、

没頭すればするほど硬式テニスが楽しく、好きになっていくんですよね。

フォームがかっこいい!

これも大きな理由な1つですが、

硬式テニスのフォームってかっこいいですよね~

特に、ロジャーフェデラー選手。

初めてフェデラー選手のプレーを見たとき、

感動して見とれていました笑

『こんな綺麗なフォームでテニスできるようになりたいなぁ~』

という憧れがテニス熱を掻き立てるんですよね!

テニスに求めるものは人それぞれだと思いますが、

もしこれからテニスを始められる場合は、

自分が楽しく、

充実したテニスができる方を選ぶようにしましょうね!!!

今日は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする