オムニコートとクレーコートの違いについて

昨日、朝から奈良県の明日香コートへインハイ予選を見に行ってきました!

びっくりしたことがあるのですが、

橿原の明日香コートが全てオムニコートに変わっており、

クレーコートが全て無くなっていたんですよね。

高めのフェンスも設置されており、

『設備が豪華になったなぁ~』

と久しぶりに明日香コートへ来て思いました。

今日は、

オムニコートとクレーコートの違いと、

インハイ予選を見て感じたこと

について書いていきたいと思います。

高校ってほとんどがクレーコートで練習していると思いますが、

クレーコートでばかり練習していてオムニコートにあまり馴染みがない選手って、

球足とかバウンドの高さに対応するのが大変だろうなぁ~

とふと思いました。

以下にクレーコートとオムニコートの違いについてまとめましたので、

参考にしてみてください。

・バウンド

・球足

・滑りやすさ

・イレギュラー

この4つについてまとめますと、

バウンドは、

クレーコートよりもオムニコートの方が低い

球足は、

クレーコートよりもオムニコートの方が速い

足元の滑りやすさは、

クレーコートよりもオムニコートの方が滑りにくい

イレギュラーは、

クレーコートよりもオムニコートの方がしにくい

このような差があります。

そのため、オムニコートでのフラットショットやスライス回転のショットが

かなり低い弾道で滑ってくれ

タイミングを外したり、振り遅れ、フレームショットによるミスを誘うことができますね!

びっくりしたことがあるのですが、

現在のインハイ予選って、

予選の予選

↓↓↓

予選

↓↓↓

本戦

という流れで試合って進んでるんですね。

私が高校の時は本戦しかなく、

シード選手もみんな2回戦から試合をしていました。

ということは、

「予選の予選」や「予選」に出場しないシード上位の選手は

試合数が少なくなるんですね!

たくさん試合したい私にとっては少し残念ではありますね・・・

また今日も見に行こうかと思います!

オムニコートとクレーコートの違いについては以上になります!

スポンサーリンク




この記事を読んだあなたにオススメのテニスDVD

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法は短期間で上達したいテニス未経験者やテニス初心者の方向けのDVDです。

普段勉強や仕事が忙しくてテニスができる時間が限られている方が、

各ショットを短期間で効率良く学ぶのに役立ちます。

体のメカニズムに基づいたトレーニングを段階を踏んで実践していきますので、

最近上達の実感を感じない中級者や伸び悩んでいる上級者にも有効な内容になっています。

トレーニング自体を楽しく行えるように構成されているので、

テニスの練習に飽きてしまいやすい方にもオススメですね。

神谷流テニス最速上達法はこちら

購入方法はこちら

他にもオススメするテニスDVD情報を厳選してまとめています。

テニスのDVDから学ぶことは非常に有効な上達方法なので、あなたに合ったものを探してみてください。

オススメするテニスDVD情報はこちら

スポンサーリンク







シェアする