テニスの伸び悩みに要注意!上達イメージとのギャップを無くそう

あなたはテニスで伸び悩みを感じたことがどれだけありますか?

テニスをしていると必ずどこかで伸び悩みを体験するかと思いますが、

この伸び悩みを長期間感じてしまうことで、

テニスの「楽しさ」「情熱(練習意欲)」「自信」が失われてしまいやすいため、

さらに上達しにくくなって悪循環を作り出すことがあります。

私が高校2年生の時は、一向にショットの質が上がらず、

上達が停滞していると強く感じたことがあります。

他校の選手と練習試合をすると、

いつもなら6−2くらいで勝てていたのが6−4で勝つようになり、

「自分が停滞している間に周りは上達しているんだ・・・」

と感じてものすごく焦ったことがあります。

今日は、

私が伸び悩みの原因と、どのように考えて改善していったか

について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




伸び悩みは上達イメージとのギャップ

テニスをやっていると、人は必ず上達スピードのイメージを心の中に持っています。

「これだけ練習したからこれくらいにはなっているべき」

という自分の「上達レベルの基準」があり、

日々適当に練習をしていたとしても、その基準と比較しながら練習をしています。

練習をしていると、

何度も同じミスをしたことに対して、

「あれ〜?こんなはずないのになあ・・・」

と思うことがありますが、

これが上達イメージとのギャップです。

あなたも必ず感じたことがあるかと思います。

ギャップが広がる要因

上達レベルの基準は「他人との比較」から生まれることが多いです。

比較は2種類あり、

・実力の差

・上達スピードの差

この2つを自分の状態と比べながら練習していることが多いです。

その中でもギャップを広げてしまうので、

「上達スピードの差」によるものです。

日々改善し、上達し続けている選手と比較し続けてしまうと、

「自分がうまくできないことを彼はまたできるようになってる・・・」

(本当は自分もこうなってないといけないのに・・・)

と、さらにギャップの広がりを感じることになります。

ギャップが広がることの影響

このギャップの広がりは上達に悪い影響を及ぼします。

ラリーをしていて、相手から深いボールをバックハンドに打たれたとします。

ギャップが広がっていた私が考えていたことは、

「このボールをさらに強い打球で返さないといけない」

「ここでミスしたら本当に実力で抜かれているかもしれない・・・」

このような「焦り」と「ネガティブ思考」です。

するといつもより雑なプレーになって博打ショットをしてしまったり、

プレッシャーを感じて攻め辛くなったりと、

自分のプレーに悪い影響を与えることになりました。

また、

「ライバルがあれからどれだけうまくなっているのか?」

ばかり気になって自分のテニスについて考えることが少なくなりました。

伸び悩みにどう対処するか?

伸び悩みを改善するために重要なのは、

自分のプレーに焦点を置くこと」

です。

自分にはできない誰かのプレーばかりを見てしまいやすいですが、

そのプレーはあなたが一番できるようになるべき課題ではないので、

そもそも比較する必要がありません。

そのため、

基準を他人からの設定でなく、現在の自分のプレーから設定することをお勧めします。

今の自分の実力を受け入れて「今の自分に必要な課題」を考えることにより、

上達レベルの基準を調節しましょう。

ただ、上達レベルの基準を調節することで

「さらにライバルに離されるのではないか?」

と感じるかと思います。

今までの悪循環の状態だとライバルに差をつけされるだけでなく、

自分のプレースタイルも変わってしまい、自分の持ち味を出せなくなることがあります。

着実に自分が納得する形で上達していく方が楽しいですし自信につながります。

私はこのスタイルを意識することで徐々に伸び悩みを感じなくなり、試合のスコアも気にならなくなりました。

(もちろん上達しているので、試合の成績も伸びました。)

あなたは必ず上達しています

伸び悩みで上達していないと感じている人が多いですが、

それは「他人と比較しすぎているあなたの視点」であり、周りからは上達していると思われていることが多いです。

どれだけ何も考えずにボールを打っていたとしても、

・ボールとの距離感覚

・ボールの軌道予測

・フットワーク

・ミスの確率の減少

などなど、必ず良くなっている要素があります。

「普段よりもボールが浅くなっている」と感じていても、

実はトップスピン回転がいつもよりかかっているため、

「ミスの確率が減っている」

ということもありました。

ですので、

伸び悩みを感じた場合は、

より自分のプレーに焦点を置き、些細でも良いので上達を感じながら練習を続けてみてください。

今日は以上になります。

この記事を読んだあなたにオススメのテニスDVD

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法は短期間で上達したいテニス未経験者やテニス初心者の方向けのDVDです。

普段勉強や仕事が忙しくてテニスができる時間が限られている方が、

各ショットを短期間で効率良く学ぶのに役立ちます。

体のメカニズムに基づいたトレーニングを段階を踏んで実践していきますので、

最近上達の実感を感じない中級者や伸び悩んでいる上級者にも有効な内容になっています。

トレーニング自体を楽しく行えるように構成されているので、

テニスの練習に飽きてしまいやすい方にもオススメですね。

神谷流テニス最速上達法はこちら

購入方法はこちら

他にもオススメするテニスDVD情報を厳選してまとめています。

テニスのDVDから学ぶことは非常に有効な上達方法なので、あなたに合ったものを探してみてください。

オススメするテニスDVD情報はこちら

スポンサーリンク







シェアする