テニスは腰痛に注意しましょう!

あなたはテニスをしていて腰痛に悩まされたことがありますか?

私は学生の頃に腰椎分離症になり、

腰の痛みと何度も戦ってきました。

というのも、

先日、

腰椎分離症が再発してしまいました。

6月になったので長ズボンから半ズボンにチェンジしたことで、

いつもよりも動きやすくなったためか、

動く量も多くなり、

前へ走ってボールを打とうとしたところ、

ビキッ!!

腰の下の部分に痛みが走りました。

そこからは、

小さく一歩踏み出すので精一杯で、

まともにストロークやボレーができなくなりました。

レッスン後、

すぐに膝を曲げた状態で仰向けになって

安静にしていましたが、

これから1ヶ月はラリーができそうにないですね・・・

腰に全く力が入らないので、

ステップを踏むことができませんし、

踏み込んで打つこともできません。

コルセットを巻いて固定しつつ、

徐々にストレッチしながら

また良くなるまで安静ですね。

テニスにおいて腰は非常に重要な役割を持っています。

負担もかかりやすい場所でもありますので、

違和感を感じたらすぐに病院へ行くか安静にしておいた方が良いですね。

ただし、

寝転がって安静にしているだけでは治りにくいですので、

腰回りのストレッチをしたり、

筋肉をつけるトレーニングを少しずつ取り入れて行くようにしましょう。

腰椎を支える力が強くなって治りも早くなりますし、

今後の予防にも繋がってきます。

あなたも腰痛には気をつけてくださいね!

今日は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク