奈良県でテニスレッスンを開催しました。(2017/03/25)

一対一のテニスレッスンを開催しましたので、内容のシェアをしたいと思います。

今日レッスンに参加された方は、

前回に引き続いてソフトテニスから硬式テニスを始めたSさんです。

もうすぐ中学や高校の入学式なので、

Sさんと同じようにソフトテニスから硬式テニスを始めることがあるかもしれません。

そんなあなたは、

是非この記事を参考にしてみてくださいね!

ソフトテニス経験者の独特な軟式打ちをしてしまって、

ボールが全てほぼ無回転のフラットショットになっていました。

この場合は、

まずテイクバックのグリップの位置を高くセットしすぎないようにし、

ラケットの振り始めの高さも、ボールより2~3個くらい下からスイングする意識を持つことが重要です。

ただし、

ボールより2~3個くらい下から回転をかけずにまっすぐ当ててしまうと、特大アウトをしてしまいますよね。

直線的な軌道ではなくて、

トップスピンをかけてボールの軌道が円を描くように調節することが重要ですね。

そこで、一番難しいのは、

低めのボール、高めのボールをトップスピンをかけてコートへ入れるときの、

スイングの調整ですよね。

ボールタッチが全くイメージできていないのにラリーをしても、

・フラット気味のスイングでアウト

・スピン回転をかけるためにラケットを寝かせすぎたてネットにかかる

このようにミスが多くなってしまいます。

まずは、

素振りでフォームの確認と、

球出し(近くからの手出し)で丁寧にトップスピンの確認

その後に、

ショートラリーで、トップスピンのボールタッチの練習

これを重点的に行いましょう。

ショートラリーは身体の力を抜き

スイングもブンッ!!!と振らないように気をつけましょう。

柔らかいボールタッチでスピンをかけ、

どうすればボールより2~3個くらい下からスピンをかけて、ネットの白帯の上を通すことができるか??

これを考えながら調整をしていきましょう。

球出しだと目の前にボールがやってくるので、

あまり動かずに打つことができて、ある程度安定して打つことができますが、

ラリーになると、

数メートルは移動して、自分で打ちやすい打点に入る必要があります。

そのため、

足を動かし、準備を早くするように心がけましょう。

今日は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク