テニスのグランドスラムとは?各大会の特徴と歴代優勝者をまとめました

ここ最近はYahooなどのニュースサイトでも頻繁にテニスが取り上げられるようになってきたしたね。

今月は全仏オープンがあり、錦織圭選手や大坂なおみ選手に大きな期待が寄せられていました。

全仏オープンなどの大きな大会が開催される度に、

記事によく「グランドスラム」という言葉が出てくるのを見たことがあるかもしれませんね。

あなたはグランドスラムって何か知っていますか?

今日はグランドスラムとは何か?について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

グランドスラムとは?

グランドスラムとは、国際テニス協会が定める以下の4大大会のことを指します。

 ・全豪オープン(Australian Open)

 ・全仏オープン(French Open)

 ・ウィンブルドン(The Championships, Wimbledon)

 ・全米オープン(US Open)

またこの4大大会を1人の選手が全て制覇(優勝)することもグランドスラムと呼んだりします。

「ジョコビッチ選手がグランドスラム達成!」

と聞いたことがあるかもしれませんね。

これはジョコビッチ選手がこの4つの大会全てで優勝を果たしたということです。

すごいですよね~

ちなみにグランドスラムには以下の3種類あります。

 ・年間グランドスラム

 ・生涯グランドスラム

 ・グランドスラム

年間グランドスラム

年間グランドスラムとは、1年間に行われる4大大会を全て優勝することを言います。

例えば、

 2017年1月の全豪オープン 優勝

 2017年6月の全仏オープン 優勝

 2017年7月のウィンブルドン 優勝

 2017年9月の全米オープン 優勝

このように2017年に開催された4大会に優勝すると、年間グランドスラム達成ということですね。

また、1988年に達成したグラフ選手は、同じ年に開催されたソウルオリンピックでも金メダルを取りましたが、

「年間グランドスラム」と「金メダル」を同時に取ることを、年間ゴールデンスラムといいます。

ちなみに年間グランドスラムの達成者は歴代で5人しかいません。

年間グランドスラム達成者

男子シングルス 達成した年
ドン・バッジ(アメリカ) 1938年
ロッド・レーバー(オーストラリア) 1962年、1969年

女子シングルス 達成した年
モーリーン・コノリー(アメリカ) 1953年
マーガレット・スミス・コート(オーストラリア) 1970年
シュテフィ・グラフ(ドイツ) 1988年

生涯グランドスラム

生涯グランドスラムは連続で4大大会を優勝するのではなく、

テニス選手としての生涯を通して1回ずつ優勝することで達成されます。

例えば、

 2014年1月の全豪オープン 優勝

 2016年7月のウィンブルドン 優勝

 2017年6月の全仏オープン 優勝

 2017年9月の全米オープン 優勝

といったように、どこかの年で4大会を優勝すると生涯グランドスラムとなります。

生涯グランドスラム達成者

男子シングルス 女子シングルス
フレッド・ペリー(イギリス) モーリーン・コノリー(アメリカ)
ドン・バッジ(アメリカ) ドリス・ハート(アメリカ)
ロッド・レーバー(オーストラリア) シャーリー・フライ(アメリカ)
ロイ・エマーソン(オーストラリア) マーガレット・スミス・コート(オーストラリア)
アンドレ・アガシ(アメリカ) ビリー・ジーン・キング(アメリカ)
ロジャー・フェデラー(スイス) クリス・エバート(アメリカ)
アンドレ・アガシ(アメリカ) マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)
ロジャー・フェデラー(スイス) シュティフィ・グラフ(ドイツ)
ラファエル・ナダル(スペイン) セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
ノバク・ジョコビッチ(セルビア) マリア・シャラポワ(ロシア)

グランドスラム

グランドスラムは、4大大会を連続で達成することで達成されますが、

年間グランドスラムと違って年をまたいでの4大会連続優勝の時に使われます。

 2017年7月のウィンブルドン

 2017年9月の全米オープン

 2018年1月の全豪オープン

 2018年6月の全仏オープン

このように、2017年と2018年をまたいでの連続優勝するとグランドスラム達成となります。

グランドスラムの特徴と各大会について

グランドスラムの特徴とは?

グランドスラムは年間に行われる大会の中でも規模が非常に大きい試合です。

出場者は多く、勝ち進むのがハードです。

グランドスラムのドロー数は、

 シングルス 128枠

 ダブルス 64枠

男子の場合は、全ての5セットマッチ(3セット先取)で行われます。

賞金や獲得ポイントが多い

毎年テニスの人気が上がってきており、それつれてグランドスラムの賞金も上がってきています。

最高額は4大大会でも一番規模が大きい全米オープンです。2017年のシングルス優勝賞金は、370万ドル(日本円で4億円以上)

さらにグランドスラムは試合で勝つことで貰えるポイント数が一番高い大会です。

優勝すると2000ポイントを獲得することができます。

グランドスラムの各大会について

グランドスラムの各4大会はそれぞれ開催国、テニスコート、気候など異なる環境で行われます。

各大会の特徴は以下の通りです。

全豪オープン

開催地 オーストラリア メルボルンメルボルン・パーク
開催月 1月
テニスコート ハードコート
賞金 400万豪ドル(約3億5000万円)

南半球で行われるため1月は真夏となっています。

時差や季節などの大きな環境の変化に対応する必要があるため、コンディションを整えるのが非常に難しい大会ですね。

ハードコートでの試合になるので、コート表面が硬い分足への負担が大きくなり、さらに体力を使う試合となりますね。

男子シングルス 女子シングルス
2001年 アンドレ・アガシ ジェニファー・カプリアティ
2002年 トーマス・ヨハンソン ジェニファー・カプリアティ
2003年 アンドレ・アガシ セリーナ・ウィリアムズ
2004年 ロジャー・フェデラー ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2005年 マラト・サフィン セリーナ・ウィリアムズ
2006年 ロジャー・フェデラー アメリ・モレスモ
2007年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2008年 ノバク・ジョコビッチ マリア・シャラポワ
2009年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2010年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2011年 ノバク・ジョコビッチ キム・クライシュテルス
2012年 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカ
2013年 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカ
2014年 スタニスラス・ワウリンカ 李娜
2015年 ノバク・ジョコビッチ セリーナ・ウィリアムズ
2016年 ノバク・ジョコビッチ アンゲリク・ケルバー
2017年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2018年 ロジャー・フェデラー キャロライン・ウォズニアッキ

全仏オープン

開催地 フランス パリ スタッド・ローラン・ギャロス
開催月 5月~6月
テニスコート クレーコート
賞金 3億円

全仏オープンでは審判のコールやジャッジなど試合の進行は全てフランス語で行われます。

クレーコートでの試合であり、球足が遅くなりエースが取りにくいため持久戦になりやすいです。

四大大会の中で最も番狂わせが多く、下位シード選手が勝ち上がることが多いようですね。

2018年に行われた全仏オープンではラファエル・ナダル選手が通算11度目となる優勝を果たしました。

ナダル選手の強力なスピンと機動力はホント素晴らしいですね~

男子シングルス 女子シングルス
2001年 グスタボ・クエルテン ジェニファー・カプリアティ
2002年 アルベルト・コスタ セリーナ・ウィリアムズ
2003年 フアン・カルロス・フェレーロ ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2004年 ガストン・ガウディオ アナスタシア・ミスキナ
2005年 ラファエル・ナダル ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2006年 ラファエル・ナダル ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2007年 ラファエル・ナダル ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2008年 ラファエル・ナダル アナ・イバノビッチ
2009年 ロジャー・フェデラー スベトラーナ・クズネツォワ
2010年 ラファエル・ナダル フランチェスカ・スキアボーネ
2011年 ラファエル・ナダル 李娜
2012年 ラファエル・ナダル マリア・シャラポワ
2013年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2014年 ラファエル・ナダル マリア・シャラポワ
2015年 スタン・ワウリンカ セリーナ・ウィリアムズ
2016年 ノバク・ジョコビッチ ガルビネ・ムグルサ
2017年 ラファエル・ナダル エレナ・オスタペンコ
2018年 ラファエル・ナダル シモナ・ハレプ

ウィンブルドン選手権

開催地 イギリス ロンドン オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
開催月 6月~7月
テニスコート 芝コート(グラスコート)
賞金 約3億3750万円

ウィンブルドンはテニスをやってる人が最もよく耳にする言葉かもしれませんね。

120年以上の歴史があり、最も古くから開催されている大会なんです。

紳士の国であるためか、練習や試合中は白いウェアを着用することが義務付けられています。

汗で服の色が変わってしまうのは良くないということのようですね。

グラスコートは球足が速く、イレギュラーも多い特徴があり、持久戦になりにくい傾向がありますね。

サーブやストロークでノータッチエースを取りやすいため、ビッグサーバーが勝ちやすい大会と言えます。

男子シングルス 女子シングルス
2001年 ゴラン・イワニセビッチ ビーナス・ウィリアムズ
2002年 レイトン・ヒューイット セリーナ・ウィリアムズ
2003年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2004年 ロジャー・フェデラー マリア・シャラポワ
2005年 ロジャー・フェデラー ビーナス・ウィリアムズ
2006年 ロジャー・フェデラー アメリ・モレスモ
2007年 ロジャー・フェデラー ビーナス・ウィリアムズ
2008年 ラファエル・ナダル ビーナス・ウィリアムズ
2009年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2010年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2011年 ノバク・ジョコビッチ ペトラ・クビトバ
2012年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2013年 アンディ・マレー マリオン・バルトリ
2014年 ノバク・ジョコビッチ ペトラ・クビトバ
2015年 ノバク・ジョコビッチ セリーナ・ウィリアムズ
2016年 アンディ・マレー セリーナ・ウィリアムズ
2017年 ロジャー・フェデラー ガルビネ・ムグルサ

全米オープン

開催地 アメリカ ニューヨーク USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
開催月 8月~9月
テニスコート ハードコート
賞金 約4億円

4大大会の中で最も観客数と賞金が多い試合になります。

センターコートは23000人以上収容することができるようですね。

2017年のシングルス優勝賞金は、370万ドル(日本円で4億円以上)と非常に高額です。

全米オープンは全豪オープンと同じくハードコートでの試合となりますが、

全豪オープンと比べて球足が速い特徴があるようですね。

男子シングルス 女子シングルス
2001年 レイトン・ヒューイット ビーナス・ウィリアムズ
2002年 ピート・サンプラス セリーナ・ウィリアムズ
2003年 アンディ・ロディック ジュスティーヌ・エナン=アーデン
2004年 ロジャー・フェデラー スベトラーナ・クズネツォワ
2005年 ロジャー・フェデラー キム・クライシュテルス
2006年 ロジャー・フェデラー マリア・シャラポワ
2007年 ロジャー・フェデラー ジュスティーヌ・エナン
2008年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2009年 フアン・マルティン・デル・ポトロ キム・クライシュテルス
2010年 ラファエル・ナダル キム・クライシュテルス
2011年 ノバク・ジョコビッチ サマンサ・ストーサー
2012年 アンディ・マレー セリーナ・ウィリアムズ
2013年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2014年 マリン・チリッチ セリーナ・ウィリアムズ
2015年 ノバク・ジョコビッチ フラビア・ペンネッタ
2016年 スタン・ワウリンカ アンゲリク・ケルバー
2017年 ラファエル・ナダル スローン・スティーブンス

グランドスラム、各大会の特徴と歴代優勝者まとめは以上になります!

私も一度で良いのでグランドスラムを生で見てみたいですね~