テニスで相手の打点をバラバラにして調子を悪くしてしまう方法

あなたは自分の打ったボールを相手にうまくタイミングを合わされて、

気持ちよく打ち返されることがどれくらいありますか?

『とにかくボールを打ち返そう!』

と考えて、

とりあえずラケットに当てて押し出すように打ち返してしまうと、

打球の軌道が予測しやすくなるので、

タイミングを合わせやすくなります。

相手の打点も打ちやすい場所に集中しやすくなるので、

ミスも少なくなります。

今日は、

いかにして相手の打点をバラバラにして打たせるか?

について書いていきたいと思います。

打点がバラバラになると、

その都度スイングの調整が必要になりますので、

相手のミスが増えたり、

調子が悪くなることがあります。

試して欲しいことは以下の2つです。

・オープンスペースを狙う

・色んなスピンをかける

相手の動く量を増やしたり、

予測しにくいボールを打つことで、

打ちやすい打点に入りにくくすることができます。

スポンサーリンク




オープンスペースを狙う

相手を走らせて打たせることで、

打点を調整する余裕がなくなってズレやすくなります。

さらにラケット面のスイートスポットを外しやすくなりますので、

非常に効果的だと言えます。

・左サイドのベースラインより後ろにいるから、右サイドの浅めに打つ

・右サイドのサービスラインにいるから、左サイドに大きくロブを打つ

などなど、

コート上のどこに打てば相手は沢山動いて打つことになるのか?

これを考えて打つようにしましょう。

色んなスピンをかける

中にはフットワークがものすごく速く正確なプレーヤーがいます。

そんな選手の場合にも通用するのが、

色んなスピンをかけて、バウンド後の軌道を大きく変えること

なんです。

スピンボールに対してタイミングを合わせるためには、

・バウンドがどっち方向なのか?

・どれくらい角度がついてバウンドするのか?

この2つを的確に予測できないと、

打点がズレてしまいます。

スピンのオススメとしては、

・トップスピンの斜め回転

・バックスピンの斜め回転

この2つですね。

単純なトップスピンとバックスピンだと打球の高さだけが変わるので、

比較的スイングで調節しやすいです。

斜め回転だと、

高さだけでなく、左右にも軌道がズレるので、

スイングの調節が非常に難しくなります。

何のためらいもなく強打をできるのは上級者くらいで、

中級者までのプレーヤーであれば、

打点が身体に近くなったり遠くなったりと、

スイングがズレてミスをしやすくなります。

是非以上の2つを試してみてくださいね!

テニスで相手の打点をバラバラにして調子を悪くしてしまう方法は以上になります!

スポンサーリンク







シェアする