テニスのボレーで勝つためのコツとは?

今日はネットプレーヤー必見です!!

あなたは試合でネットプレーを仕掛けることがありますか?

シングルスでは、

私はカウンターパンチャーなので主にストロークで試合を展開するので、

あまりボレーをする機会は無いですが、

チャンスになるとネットに出てボレーをしたりします。

ダブルスはボレーをする機会が多いですよね。

普段私がダブルスでボレーをするときに何を考えてどこを狙っているのかをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

以下の2つを解説します。

・ボレーストローク

・ボレーボレー

スポンサーリンク

ボレーストローク

私がボレーストロークで何を狙っているかというと、

ボレーでエースを取ることではなく、相手のショットミスを誘うことです。

どんな打球を打とうとしているかというと、

・スライス回転

・低めの軌道

・ベースライン際に打つ

・できるだけ速いボレー

この4つですね。

スライス回転で低いバウンドのボールを打つと、相手は腰を落として低い姿勢で打つ必要があります。

いつもよりも体力を使いますし、低いボールをトップスピンで打つのは難しいので、

コントロールできずにボールが浮いてしまうことがあります。

また、低い位置のボールを打った場合、

ネットを越えるためには斜め上の軌道を描かないといけないので、

ネットより高い打点でボレーを打つことができます。

私はこの、

ネットより高い打点でボレーする

ということを重要視しています。

また、

速いボールをベースライン際に打つことができれば、相手は間違えなくテイクバックやスイングを遅らせてしまうため、

ボールコントロールできなくなります。

そこで高く浮いたボールをさらにバックハンドの低めに打ちます。

是非、

・スライス回転

・低めの軌道

・ベースライン際に打つ

・できるだけ速いボレー

この4つを意識してみてください。

ボレーボレー

ボレーボレーもボレーストロークと同じ要領です。

如何にネットの白帯よりも上の高さでボレーできるかを考えてプレーしましょう。

私が意識しているのは、

・相手の足元(バックバンド)を狙う

・相手がギリギリ届きそうなバックバンドを狙う

この2つです。

バックハンドボレーの低めは苦手な人が多いです。

特にドンピシャで足元でバウンドするようなボールを打てれば、かなりの確率で浮いたボールが返ってきますので、

私は常に、バックハンドボレーの低めへ打つ機会を伺っています。

もう1つ、

相手がネットに詰めすぎている場合は、相手のサイドや高めに打つのですが、

ギリギリ届くかもしれないくらいのところを狙うようにしています。

ギリギリとは、

腕を伸ばして、ボール2~3個くらい届かないくらいの距離です。

それくらいの距離感のボールを、

相手の高めに打ち、ギリギリでバックハンドのハイボレーをさせたり、

相手のサイドに打ち、ギリギリでバックハンドを打たせて、

浮いたボールを叩くことを狙っています。

あなたもダブルスでボレーするときに意識してみてくださいね!

テニスのボレーで勝つためのコツは以上になります。

スポンサーリンク

シェアする