スライスサーブは角度をつけて打つと効果的です

あなたはサーブにどんな回転をかけて打っていますか?

私は、

ファーストサーブをフラットサーブ

セカンドをスピンサーブで打っています。

ですが、

ファーストサーブをスライスサーブに変更することがあるんですよね。

今日は、

スライスサーブはうまく使えばかなり効果的で武器になる

ということについて書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク




スライスサーブはどんな回転と軌道???

フラットサーブはほぽ無回転です。

スピンサーブは斜め回転がかかっています。

ではスライスサーブはどうかというと、

「横回転」

になります。

右利きであれば上から見て反時計回り、

左利きであれば上から見て時計回りとなります。

ボールの軌道は

右利き(反時計回り)の場合は左側に逸れていき、

左利き(時計回り)の場合は右側に逸れていきます。

実はこの左右に逸れるボールの軌道はとても武器になるんですよね。

右利きの場合はデュースサイド(右側)から打つと左側にボール逸れ、

よりコートの外へ追い出すことができるようになります。

左の場合は逆で、アドバンテージサイド(左側)から打つと右にボールが逸れ、

同じようにコートの外へ追い出すことができます。

どんなときにスライスサーブを使うか??

普段はフラットサーブとスピンサーブですが、

「相手のポジション」

によってはフラットサーブでなく、スライスサーブを使うことがあります。

もしも相手がセンター側に立っている場合は、

外に逃げるスライスサーブを打つと長い距離を走らせることができ、

ノータッチエースやミスを誘うことができます。

センター側に立っていない場合は、

序盤にセンター側にサーブを集めておくことで徐々に相手のポジションがセンターに寄ってくるので、

タイミングを見てスライスサーブをショートクロスに打つのが良いですね。

また、

オープンスペースを作り、ストロークやボレーの攻撃の起点を作りたい場合も、スライスサーブが効果的です。

コート外に追い出すことができれば、

反対側に大きくオープンスペースができますので、

すかさずコースを狙ってチャンスボールを得ることができます。

スライスサーブで相手の移動距離を大きくすることで、

相手はスイートスポットを外し、フレームショットになる可能性が高くなります。

多用しすぎると対応されてしまい、逆に厳しいコースを突かれてしまうこともあるので、

ここぞというときに是非活用してみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする