テニスのコイントスでサーブ、リターンを選ぶ基準について

最近、練習でミニマッチ(2ゲーム先取)をやりました。

相手「フィッチ??」

僕「スムースでお願いします!」

・・・コロン

相手「ラフですね・・・じゃあリターンでお願いします」

僕「わかりました!」

いつもこんな流れで決まりますよね!

ここで1つ質問ですが、

あなたはサーブとリターンどっちを選びますか?

今回、僕の相手はリターンを選びましたが、

私はいつもサーブを選択しています。

プロ選手を見ると、

アンディ・マレー選手やノバク・ジョコビッチ選手はサーブを選ぶことが多いですね。

逆に錦織圭選手はリターンを選びます。

人それぞれ選ぶ理由があるかと思いますが、

せっかく選ぶなら試合を有利に進められて、

自分がプレイしやすい展開を作れる方を選びたいですよね!

今日は、

どんな人がどんな時にサーブ、リターンを選ぶと良いのだろうか?

ということに関して私の基準を書いていこうと思います。

選ぶ基準としては、

以下の2つを考慮してどちらかを決めると良いです。

・サーブ、リターンのどちらが得意か?

・相手はサーブが得意か不得意か?

注意が必要なのは、

先にゲームを取る方が心理的に有利になるため、サーブ、リターンのどちらに自信があり、

どちらが自分の勝ちパターンの展開に持ち込んで主導権を握ることができるかを考え、

そちらを選ぶようにしましょう。

以下で、それぞれ解説していきますね。

スポンサーリンク




サーブ、リターンのどちらが得意か?

サーブが得意な人

サーブで一気に相手を崩してストロークやボレーで畳み掛けて

ポイントを取ることができるため、

サーブを先に選ぶことでゲームキープして試合の主導権を握りやすいです。

リターンやストロークが得意な人

ストロークで相手を追い詰めていき、

ポイントを取ることができます。

ストロークに持ち込みさえすればサーブでもリターンでも良いのではないかと思いがちですが、

そこで、相手サーブの得意不得意を考慮してみましょう。

相手はサーブが得意か不得意か?

相手がサーブを苦手とする場合

こちらがリターンを選ぶことで、相手サーブを叩いて自分の展開に持ち込み、

先にゲームを取って主導権を握りやすくなりますね。

相手がサーブを得意とする場合

自分がサーブを選び、ストローク戦を持ち込むことで、ゲームを取れる確率が高くなります。

さらに次の相手サーブにプレッシャーを与えることもできます。

まとめると、

・あなたが「サーブが得意」の場合、サーブを選ぶ。

・あなたが『リターンが得意』相手が『サーブが得意』の場合、サーブを選ぶ。

・あなたが『リターンが得意』相手が「サーブが苦手」の場合、リターンを選ぶ

重要なのは、

サーブかリターンどちらを選べば

最初のゲームを取ることができるか?

を判断することです。

以上のことを踏まえて、

いつも何となくサーブ、リターンを選んでいた場合は、一度考え直してみてはいかがでしょうか?

テニスのコイントスでサーブ、リターンを選ぶ基準については以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする