テニスでミスが少ない粘り強い選手に有効なプレーについて

あなたは粘り強くミスの少ない選手を相手にするとき、

何を考えてプレーしていますか?

・またボールが帰って来た・・・

・自分の方が速くミスしたらどうしよう・・・

・どんどん返してこい!

いろんな考えを持つかと思いますが、

打っても打っても帰ってくると、

1ポイントが途方も無く長い感覚になって、

だんだん嫌になって心が折れてしまうことないですか?

このような相手と試合するときは、

またボールが帰って来た・・・

と考えるよりも、

そうこなくっちゃ!

どんどん返してこい!

と考え、楽しくプレーできる方が良いパフォーマンスを維持することができます。

そのためには、

技術や戦略など、ポジティブになるための要素を持っていなくては難しいですよね。

そこで、

私はカウンターパンチャーで、

とにかく粘り強く返球して、相手のミスを誘ったりチャンスを待つスタイルですので、

今日は私が苦手なプレーヤーのタイプと、

やられて嫌だったことをまとめてみました。

カウンターパンチャーと試合をするときの戦略の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク




弱くてもしっかりコースを突いてくるプレーヤー

私が嫌だったのは、

コースを突かれて、たくさん距離を走らされながら打つことです。

自分からミスをしたくないので、

できればあまり動かずに余裕を持って打つ準備を整えることができるセンター付近に来たボールを好みます。

弱いボールでもコースを狙い、

さらに帰って来たボールをしっかりオープンコートへコースを狙って打たれると、

徐々に余裕がなくなってきて、

ギリギリ返球することになって甘いボールを打ちやすくなります

甘いボールはしっかりボレーで角度をつけて打ったり、アプローチショットで攻めたりすることで、

ポイントに繋げやすくなります。

フットワークが良いプレーヤー

相手のフットワークが良いと、

自分が相手にミスして欲しいと思って打った色んなスピン回転のボールを、

しっかりミスを抑えて返すことができるので、

あまりスピン回転の効果を発揮しないです。

また、

フットワークが良いと打点が安定するため、良いショットが生まれやすくなります。

相手のミスを誘うのが好きなので、

このようなタイプのプレーヤーを苦手としています。

強気でどんどん打ち込んでくるプレーヤー

アグレッシブでどんどん強気で打ち込んでくるプレーヤーも苦手なんですよね。

一回でも浅いボールを返球してしまうと、

さらにコースをつけて打ち込まれて、

さらに余裕が無い状態で返球しないといけなくなり、

甘いボールを打つとストロークでエースを取られてしまうかもしれない・・・

というかなり大きなプレッシャーもかかってしまいます。

以上の3つを試合での戦略の参考にして頂けたら嬉しく思います。

テニスでミスが少ない粘り強い選手に有効なプレーについては以上になります!

スポンサーリンク







シェアする