テニスのダブルスで前衛におすすめの戦術

あなたはダブルスの前衛は好きですか?

私はソフトテニスで前衛をやっていた経験があり、

前衛でのプレーがとても好きですし、得意だと自負しています。

私が前衛をしているとき、

重要だなっと思うことが1つあるのですが、

あなたは何かわかりますでしょうか?

答えは、

どれだけ自分の存在を意識させるか?

これです。

というのも、

・こいつは何をしてくるかわからない・・・

・どこへ打てば良いのか??

このように思わせることができれば、

リターンをする相手は、前衛を視界に入れて打とうとするため、

ボールをあまり見ずにリターンしやすくなります。

すると、

フレームショットによるミスを誘うことができます。

今日は、

どうすれば、自分の存在を強く意識させ、

脅威を感じさせることができるか?

これについて書いていきたいと思います。

今日は私がやっていることを2つ紹介していきたいと思います。

以下の2つです。

・サーブゲームの1ポイント目で速攻ポーチ

・フェイントをかける

スポンサーリンク




サーブゲームの1ポイント目で速攻ポーチ

あなたは1ポイント目で速攻ポーチに出たことがありますか?

これが意外と決まるんですよね~

よく多いのが、

「1ポイント目は相手のサーブがどんな感じかわからないし、

とりあえずクロスに打ってみよう。」

このように考えるんですよね。

だいたい9割くらいは初手クロスにリターンしているイメージです。

ポーチに出るときは、

フェイントも何もかけずに、相手がテイクバックしてスイングする直前に、

ババッ!!

と全力疾走して、ボレーで前衛の足元を狙います。

初手ポーチすると、

「わわっ、いきなりポーチ出てきた!

この人は積極的にボレーを狙ってるなぁ」

と考えて、

ゲームの1ポイント目から前衛の動きを強く意識させることができます。

一度やってみてください!

フェイントをかける

リターンのポーチはフェイントをかける余裕がないかもしれませんが、

ストローク勝負になった場合に前衛がフェイントをすることで、

相手が打つ瞬間に迷わせることができます。

私がよくやるフェイントは以下の2つです。

クロスのストロークが展開されている場合、

・バウンドした瞬間にいつもより少し右に寄る

・少し早めにポーチに出始める

この2つをやっています。

バウンドした瞬間にいつもより少し右に寄る

バウンドした瞬間はまだ相手のポジションを見る余裕があります。

その時に少し右側に寄っておくと、

「あれ?

この人いつもと立ってる場所違うぞ?

ポーチ狙ってるのかな?

今ならストレート打ったら一発で決められるかも!!」

このように思わせられます。

そして、

相手の身体の向きいつもよりも背中を向けてたり、

テイクバックが明らかに深い場合、

打った瞬間に左側(ストレート側)へ移動します。

もしもできるのであれば、

ボレーを相手コートの右半分のベースライン側に打ってください。

少し早めにポーチに出始める

これは私がよくやるのですが、

相手がテイクバックしてスイングする直前に、

ゆっくり右へ一歩、二歩ほどポーチに出始めます。

そして、

「ポーチ出るか?

出るか?

出るか?

出なーい!!!」

こんなイメージです笑

相手はスイング直前に、

「あっ、

これ絶対ポーチ狙われてるわ・・・

今なら何とかストレートに切り替えられるかも!」

と考えて、

強引に手首や肘でコースを調節してミスをしてくれます。

この場合も、

相手の身体の向きいつもよりも背中を向けてたり、

テイクバックが明らかに深い場合、

打った瞬間に左側(ストレート側)へ移動します。

そうでない場合はポーチに出てみましょう!

このように相手に自分を意識させるような振る舞いをすると、

相手は集中力をこっちに向けてくれるため、

ストロークのパフォーマンスを落とすことが可能になります。

あなたも是非試してみてくださいね!

テニスのダブルスで前衛におすすめの戦術は以上になります!

ダブルスで有利な試合展開を作りたい方こちらがおすすめです。

スポンサーリンク







シェアする