テニスで相手をストロークで振り回す方法

あなたはストロークで振り回されて、

頑張った結果ポイントを取られた経験はありますか?

あれだけ頑張って追いかけたのに・・・

ポイントを取れずに疲れだけ溜まるのは辛いですよね。

あなたも相手をストロークで振り回し、たくさん走らせ、

頑張って追いかけろ~!

の立場になってみたくないですか?

今日は、

相手をストロークで振り回すための方法を書いていきたいと思います。

振り回す方法は大きく分けて2つありますので、

以下に解説していきますね。

スポンサーリンク

ライジングショットで速いタイミングで打つ

ボールの跳ね際を打つと、

速いタイミングで相手のコートにボールが届くので、

相手はセンターに戻る時間が無くなり

ボールを追いかける余裕がなくなります。

リターンの場合は、相手のサーブに対してしっかりラケット面を合わせて

跳ね側で叩きましょう。

大きくテイクバックせず、

ボディのターンでコンパクトに打つのがコツですね。

ストロークの場合は、

ミスが怖くて縮こまったスイングにならないように、

しっかりボールの軌道をイメージしながら振り抜きましょうね!

トップスピンでサイドへ打つ

スピンをかけることで、

大きく弾むボールやサイドへ逃げていくようなボールを打つことができます。

コースを狙って打つことで、

前後左右に長い距離を走らせて、

相手が踏み込んで打てる余裕を無くしましょう

ライジングショットは左右の揺さぶりだけになりますが、

トップスピンであれば、

バウンドの高さも使えるので、

前後左右に揺さぶることができます。

是非、練習してみてくださいね!

テニスで相手をストロークで振り回す方法は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする