テニスは相手の状況に応じてポジションの取り方を変えましょう

あなたは相手がチャンスボールを打ち込んできた時、

どんな体勢でポジションを取っていますか?

よくあるのが、

ふわっと上がったボールを相手が踏み込んで打とうとしているのに、

ベースライン上に立って前へ踏み出す意識が強すぎて、

深いボールを打たれた時に咄嗟に何とか打ち返そうとして、

仰け反って返してしまうことです。

相手の状況を見て、

自分の立ち位置や、

どこへ移動するかの準備をしておくかが非常に重要なんです。

今日は、

相手の状況ごとのポジション取り

について書いていきたいと思います。

以下のようなパターンがあります。

・相手がしっかり踏み込んで打つ場合

・相手が下がりながら打つ場合

・相手が前に追いかけながら打つ場合

それぞれの状況でどんなボールが来やすいかを予測することで、

自分の打点で打ちやすくなったり、

チャンスボールに対してきっちり対応できるようになりますので、

是非読んで見てくださいね!

スポンサーリンク

相手がしっかり踏み込んで打つ場合

相手は力を入れて打ち込んでくるため、

深いボールがくる可能性が高いです。

そのため、

ベースライン際に立つと、

足元でボールがバウンドしてしまい、

仰け反って返してしまいやすくなります。

ベースラインより2歩ほど後ろに立ち、

ベースライン際でバウンドするボールに対応できるようにしておきましょう。

また、

山なりのボールよりも直線的な軌道のボールが飛んできやすいです。

そのため、

バウンドが低いボールにも対応できるように、

少し腰を落として準備できると良いですね。

相手が下がりながら打つ場合

下がりながら打つ場合、

相手は手打ちになってしまいます。

また、

下がりながらなので、

スイングしたラケットからボールに伝わる威力も弱くなり、

ボールが浅くなりやすいです。

そのため、

ベースラインより少し前くらいに立ち、

アプローチショットを打ったり、

ふわっと浮いたボールをボレーできるように準備しておきましょう。

相手が前に追いかけながら打つ場合

前に走りながら打つ場合、

スライスで返す場合は浅いボールになりやすいです。

そのため、

ベースラインよりも前にポジショニングしておきましょう。

スライス回転は低い軌道で来る可能性も高いので、

しっかり低めのボールに対応できるように腰を落として準備しましょうね!

トップスピンを打つ場合も、

前へ移動しながら打つことで面が安定しにくいので、

浅いボールが来やすいです。

なので、

スライスと同様に、

ベースラインよりも前にポジショニングしておきましょう。

このポジショニングと次の動作の予測を正確にできると、

自分の打点で打てる可能性が高まり、

多くのボールをチャンスボールにすることができますので、

試合を有利に進めやすくなります。

あまり意識していなかった場合は、

一度試してみてくださいね!!

今日は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする