テニスで相手に打球のコースを予測させない方法

あなたは打つ前に相手にコースを予測されて動かれたことはありますか??

私は何か見透かされている感があってとても不快な気持ちになってしまいます・・・

でも予測されるのには理由があるんですよね。

よく多い例を一つ挙げると、

左手が泳いでいる(遊んでいる)人っていますよね。

左手が泳いでいるとテイクバックが浅くなってしまい、

身体が開いた状態でボールを追いかけてしまいます。

打つ時に身体が開いていると、

逆クロス方向やストレートは腕の力で強くスイングしないといけないので、

クロス方向へ打つことが多くなります。

なので、

私は左手がぶらぶらしていたり相手側に向いている場合は、

クロス > ストレート > 逆クロス

の順番で警戒しています。

相手に予測されないためには、

どっちにも打つことができる体勢を作ることが大切です。

私は展開が速く、軌道を予測されたくない場合は

オープンスタンスもしくはセミオープンスタンスを用いています。

その時のコツですが、

左肩をしっかり入れて、上半身のひねりましょう。

すると、

逆クロス方向、ストレート、クロス方向の全てに打つことができるので、

相手は予測が難しくなって下手に動けなくなります。

『相手が打つまで待つしかないか・・・』

と思い、

予測して動いていた時と比べて、

余裕を奪って打たせることができます。

補足として、

相手が予測して動いたとしても

打つ方向は予め決めた方向のまま打ちましょう。

迷いが生じてスイングが中途半端になってミスショットになることの方が問題ですので、

良いショットを打ち続ける意識も忘れないようにしましょうね!!

テニスで相手に打球のコースを予測させない方法は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする