テニスでダブルスのポーチのコツについて

あなたはダブルスのポーチは得意ですか?

私はポーチが得意です。

相手の後衛を動きで惑わせ、

自分が起こしたアクションで積極的にポイントを取るのが楽しいですよね。

今日は、

ダブルスでポーチに出るときに私が意識していること

を書いてみましたので、是非読んだみてください!

スポンサーリンク




斜め前へ動いてボレーする

ポーチは真横に動いてしまうとネットとの距離が遠く、

走る距離も長くなってしまいます。

斜め前に走り、

ラケットの面を、当たればネットを超えるように前にセットしておきましょう。

手首の力を使って打つ人が多いですが、

タイミングがズレたらネットにかけたりアウトになるので、

面を作ってそのまま押し出すようにしましょう!

素早くポーチに出る

ポーチに出るタイミングってかなり重要です。

早すぎると打つコースを変えられて横を抜かれてしまいますし、

遅すぎると間に合わずにラケットヘッドに当たってしまい、ミスしてしまいます。

ポーチに出るタイミングの目安は以下の2つです。

スイングを始めた瞬間に動く

スイングを始めた瞬間であれば、

相手はコースを変更することが難しいので、

そのまま同じコースに打つ場合が多いです。

もしコースを変えようとしても、

相手は肘や手首で調整する必要があるので、ミスを誘うこともできます。

ラケットがボールに当たった瞬間に動く

ボールインパクトの瞬間に動き始めると、

相手はコース変更が不可能なので、

このタイミングがポーチに出るのが一番の理想です。

しかし、

スピードボールが来たら間に合わない可能性があったり、

タイミングを取りづらいところがあるので、

ポーチは素早く出るようにしましょう。

ポーチするそぶりを見せずに、

相手がボールインパクトした瞬間にバッ!!と出ると、

相手はかなり警戒してくれます。

後衛がピンチときにポーチに出る

後衛がコースを打たれたり、

ロブで走らされたりしてバランスを崩しているとき、

相手は後衛を攻めてさらにチャンスを拡げようと考えますよね。

そんなときにポーチに出ましょう。

もしポーチでポイントを取れれば、

『よく出てくれた!!!』

とパートナーから感謝されますし、勢いに乗ることができます。

是非試してみてくださいね!

テニスでダブルスのポーチのコツについては以上になります!

スポンサーリンク







シェアする