テニスのダブルスで勝つために狙う場所について

あなたは普段ダブルズをどれだけやっていますか?

ダブルスって好き嫌いがあると思いますが、

中には、

『自分の実力だけで勝負したい!』

という理由でシングルスしかやらない選手もいます。

私の場合は、

4人でテニスした方が盛り上がって楽しくなりますし、

ボレーをする機会がたくさんあるので、

ダブルスをやる機会を多くしています。

それに、

ポーチがズバッと決まったときは物凄く快感ですよね~

ダブルスの試合で勝ったり、

もっと楽しむためには、

自分とペアが余裕を持ってプレーできるように、

チャンスボールをもぎ取る必要がありますので、

今日は、

ダブルスで勝つために、

相手のどこを狙えば良いのか?

について書いていきたいと思います。

ダブルスはコートの全体を使いますが、

2人いるので、

シングルスよりも走る距離が少なく済みますよね。

ただボールを返しているだけでは、

相手の得意なショットで打たれる可能性も高まってしまいますので、

『いかに相手が嫌がるところに打てるか?』

を考える必要があります。

最低限ダブルスで意識しておきたい狙うべき場所は以下の3つです。

・高めのストローク

・低めのボレー

・高めのバックハンドボレー

この3つは私がダブルスを経験する中で、

特に相手のミスが多かったり、

打ち損じてチャンスボールが来た場所になります。

スポンサーリンク




高めのストローク

高めのストロークになると、

身体が伸びきってしまって力が入らずに浅いボールになることが多いです。

前衛側に飛んで来たら、

しっかりボレーをセンター付近に打つと、

エースになったり、

またチャンスボールが来やすいですね。

後衛側にやって来たら、

アプローチショットから平行陣で相手の後衛に低めのボールを打つことで

打ち損じて高い軌道になったボールをボレーで叩きましょう

低めのボレー

足元にバウンドするボールは特にタイミングを合わせづらいので、

ミスが多いですし、打ち損じやすいです。

浅いドロップショットのようなボールになる可能性も高いので、

しっかり前へ行く準備をしておき、

アプローチショットを叩き込めるようにしておきましょう!

高めのバックハンドボレー

これは相手に打ち込まれて余裕がない時にやってほしいのですが、

バックハンドのハイボレーも実はミスが多いです。

少し遠いけど、

ギリギリ届くかな??

という距離に出すことができれば、

相手は何とか返そうと、

手首を使ってボレーすることが多くなります。

するとラケット面のセットがズレやすいので、

打ち損じの確率が非常に高いです。

チャンスボールが多いと、

ペアもプレーしやすい状況になって、

お互い楽しくプレーできますので、

是非試してみてくださいね!

テニスのダブルスで勝つために狙う場所については以上になります!

スポンサーリンク







シェアする