テニスの試合で押せ押せムードの相手のペースを崩す方法

今日の内容は中学生、高校生必見です!

あなたはテニスの試合中に相手のペースに飲み込まれたことはありますか?

私がまだ硬式テニスを始めて間もない時期は良く相手にペースを握られ、

相手の押せ押せムードの中、「やりにくいなぁ〜」と感じていました。

中学や高校の団体戦では、テニスコートの周りを相手部員が囲み、

「アウェーな雰囲気」の中、試合をすることもありますよね。

相手部員全員が四方八方から団結して応援していると、選手も気合いが入って勢いのあるテニスをしてきます。

あっという間に相手にペースを握られて試合の主導権を握られたことないですか?

私は奈良県でプレーしていましたが、特に厄介な高校が1校ありました。(名前は伏せておきます・・・)

そんな時に、

どうやって対処すれば相手のペースを崩して自分のリズムを作るかについて、実際に私が使っている方法を解説したいとおもいます。

スポンサーリンク




高いロブを打つ

これは初級者、中級者に対して使うと効果的です。

上級者にロブを打つともちろん全て強打で打ち込まれてしまって逆効果となりますので、注意が必要ですね。

ただ、上級者以外であれば、まだショットの精度や威力が低いため、

高いロブを打つことで、相手のペースを崩すことに役立ちます。

主に以下のような効果があります。

・相手の攻撃リズムを緩やかにする

・打点の位置を上下に幅広く打たせることができる

・ボールの滞空時間を使ってポジショニングできる

相手の攻撃リズムを緩やかにする

押せ押せの相手は早くポイントを取りたいので速い段階で攻撃を仕掛けてきますが、

ロブを打つことで、ゆっくりなボールの動きに合わせて自分の動作も遅くしてしまうことがあるため、攻撃リズムが遅くなります。

またライジングショットで打たれない限りはボールを打つまでに時間がかかるため、

急に試合のリズムが遅くなることでイライラし、打ち急いでミスをしてくれることもあります。

とにかくピンチの時はロブを上げてペースをゆっくりにして、

徐々に自分のペースに持って行くようにしていました。

打点の位置を上下に幅広く打たせることができる

ロブによってボールの打点位置を上下に幅広く打たせることができます。

「頭の上」で打ったり、「膝の高さ」まで落として打ってしまうと、

打点の高さごとに合わせたテイクバックやスイングをする必要があります。

ボールコントロールに自信がない選手は力を緩めて打ってくれますし、

打点の高さがバラバラになってしまう選手はフレームショットが増えてアウトをしてくれたりします。

浅いボールが返ってくる回数が増えて余裕を持ったストロークを打ちやすくなりましたし、

相手のミスが目立ち、相手が調子を落としてしまうなんてこともありました。

ボールの滞空時間を使ってポジショニングできる

ボールの滞空時間により、次の動作に向けた準備を余裕を持って行うこともできます

ベースライン側に深いボールを打てれば最高ですが、

そうでなくてもしっかりセンターにポジショニングし直すことで、

コートカバー率が上がり、早くポイントを取りたい相手を焦らせることができます

また、試合展開に頭を使う余裕も生まれますので、

「クロスに返されたらフォアハンドで相手のバック高めを狙おう・・・」

「浅いボールが来たらフォアにしっかり回り込んで、ストレートに打ってボレーに出よう・・・」

というように試合を組み立てて自分の有利な状況に持って行きやすくなります。

先手で相手の弱点を突く

もう1つ、

相手から攻撃される前にこっちから先手を打つ

という手もあります。

先手を打つのは勇気がいりますが、

コースを突き、相手の弱点であるショットを多く打たせることで、相手が消極的になりやすいです。

逆に自分が押せ押せムードになりたい場合は、相手のミスの傾向に目を向けておき、

「スライス回転で相手のバックハンド低め」

「トップスピン回転で相手のバックハンド高め」

のように弱点があればそこを重点的に攻めるようにしましょう。

テニスの試合で相手のペースを崩す方法は以上になりますが

重要なのは、

相手に合わせてプレーをしない

ということです。

とにかく相手の得意なリズムを崩し、相手の苦手なプレーで攻めさせるようにしましょう。

あなたも自分のリズムを作るために一度試してみてください。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする