テニスの試合でボレーのミスを誘うための方法

あなたは自分のストロークを相手のボレーで綺麗にコースを突かれたことがありますか?

ボレーヤーとの試合になると、

早いタイミングでボールが返ってくるので、

うまくコースを突かれてしまうと非常に厄介ですよね。

低めの軌道で打たれてしまうと、

ネットを超えた時にボールが浮いてしまって、

強く叩かれてしまう可能性が高くなってしまいます。

できればうまくボレーをさせないようなストロークを打ちたいところですよね。

今日は、

ボレーのミスを誘うための方法

について書いていきたいと思います。

ミスを誘うためには、

・相手がボレーをする準備の余裕を無くすこと

・相手がボレーをしにくくする打球を打つ

この2つが大切になります。

方法としては、

・速いスピードのボールを打つこと

・軌道の予測が難しいトップスピンボールを打つこと

・速いタイミングでボールを打つこと

この3つになります。

スポンサーリンク




速いスピードのボールを打つこと

1つは単純に打球のスピードを上げて相手の準備時間を削ることです。

爪先立ちでボールを追いかけて、

タメを作れない状態で腕振りで打つ人が多いですが、

しっかり地面に足をつけて、

体幹を回すことでスイングのパワーを込めて打つようにしましょう。

多少のアウトなら触ってくれると考えると

思い切って打ちやすくなります。

軌道の予測が難しいトップスピンボールを打つこと

フラットショットは軌道が読みやすいので、

軌道の予測が難しいスピンのかかった打球を打つのも1つの手として有効です。

特に強力なトップスピン回転を打つことができれば、

円を描く軌道になるので、

ラケット面のセットをボールの高さに合わせるのが難しくなり、

ネットにかけたり、

浮いたボールが返ってくることが多くなります。

トップスピンをかけることで、

相手の足元を狙うことができるとさらにミスしやすくなります。

速いタイミングでボールを打つこと

ライジングショットを用いて

前に踏み込みながらバウンドの跳ね上がりを打つことで、

相手は構えなおしたり、

一歩踏み込んでポレーをする余裕がなくなります。

ラケット面だけをかろうじてセットして打ち返すことになり、

弱々しく返ってきたボールをさらに踏み込んで叩くことで、

相手の横を抜いたり、

ミスを誘うことができます。

是非以上の3つを試してみてくださいね!

テニスの試合でボレーのミスを誘うための方法は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする