テニスの試合で勝つために練習するべきプレーの組み合わせ

あなたは試合で使える自分の勝ちパターンを持っていますか?

勝ちパターンという言葉にピンと来ていないかもしれないので、

『勝ちパターン』について簡単に解説しますと、

例えば、

サーブとボレーが得意なプレーヤーが、

サーブをしっかりコースに狙って打ち、甘く返ってきたボールをボレーで仕留める

『サーブアンドボレー』

のように、

自分がポイントを取ることができる、決まった展開のことです。

この勝ちパターンは

・サーブ

・ボレー

この2つのプレーの組み合わせで成り立ちます。

ちなみに私の場合は、

とにかくいろんな球種のストロークで返球して相手のミスを誘う

もしくは、チャンスボールを待って攻撃に転じてポイントを取る

という勝ちパターンを持っています。

この勝ちパターンは、

・ボールコントロール

・フットワーク

この2つのプレーで成り立っています。

もしも私のいろんな打球でミスを誘う方法が気になる方は、以下のページに解説していますので、参考にしてみてください!

テニスの試合で相手のミスを誘う方法

試合に臨む際、せめて1つは勝ちパターンは持っておくと、

試合展開だけでなく心理的にも有利になるので、

どうやって試合で使えるような勝ちパターンを作れば良いの??

どんな組み合わせがあるのか??

ということについて、

何個か例を書いて行きたいと思います。

まず、

今、あなたが自信のあるプレーを軸にして勝ちパターンを構築します。

以下にプレーごとに解説していきます。

スポンサーリンク

サーブに自信がある場合

ボレーを鍛えることで、

・シングルスではサーブアンドボレーで速い展開で相手を翻弄しポイントを取ることができます。

・ダブルスではサービスダッシュのダブルポーチで、浮いたボールを全て叩いてポイントを取ることができるようになります。

このように2つの勝ちパターンがありますよね。

逆にボレーに自信がある場合も、

サーブを鍛えれば同じ勝ちパターンを作ることができますよね。

ストロークに自信がある場合

足腰、筋力を鍛えることで、

常に理想の打点やタイミングでボールを力強く打つことができ、

アグレッシブベースライナーのように、

押せ押せでエースを取る勝ちパターンを作ることができますよね。

さらにスピンボールを強化することができると、

相手を左右に振り回すことで体力を削って甘いボールが来やすくなり、

この勝ちパターンの勝率が高まりますよね。

また、

フットワークや体力を鍛えることで、

相手の打球をとにかく返してチャンスメイクすることができ、

カウンターパンチャーのように、

相手の心を折りながらチャンスボールを確実に決めるという勝ちパターンを作ることができますよね。

私はこの勝ちパターンが得意ですが、

さらにボールコントロールを鍛えることで、さらに相手がミスしやすいボールを打って勝ちパターンの勝率を高めています。

あなたも今の自分が自信のあるプレー(強み)を軸にして、

何を鍛えれば勝ちパターンとなり、

他に何を鍛えればその勝ちパターンの勝率を上げられるかを考えてみてくださいね!

思いついた勝ちパターンを実践してみて、

一度でも成功すればそれはあなたが試合で使える勝ちパターンとなります。

テニスの試合で勝つために練習するべきプレーの組み合わせについては以上になります。

スポンサーリンク

シェアする