テニスで調子を悪くしたり上達の妨げになる一番の原因とは

あなたは急にストロークの調子が悪くなったりすることはありますか?

ついさっきまで良いプレーができていたのに、

何かの拍子に上手く打てる感覚がわからなくなって

急にミスが連発してしまって、

試合の流れが悪くなってしまったり・・・

このようなことになるのは、

『ストレス』

これが一番の原因なんですよね。

相手が良いプレーをしたことで

自分がやりたいテニスができなくなり、

うまくいかないことにイライラするなんてことが誰にもあるかと思います。

上手くいかないことで、

不安になったり、

自信がなくなったりと、

テニスのプレー以外のことを沢山考えてしまい、

集中しにくくなってしまいます。

ストレスは練習の時にも悪い影響があります。

自分を見つめ直して改善する余裕も奪ってしまうので、

学びが少なくなり

練習効率も下げることになります。

なので、

なるべくストレスを感じないように考え方の工夫が必要になります。

ストレスを感じずに

平常心でテニスをするためにはどうすれば良いのか?

ですが、

今日は1つの私の考え方を紹介しますね。

相手にも調子の波があります。

試合の中でも調子が良くってバンバン入るときもあれば、

ミスが連発することもありますよね。

総合的に見て相手の調子はプラスマイナス0になると考えましょう。

私の場合は、

どこかで相手がミスを連発したり、

チャンスボールがたくさんくる時が来るから、

『ここはじっくり耐え抜いて我慢しよう!』

『ここをしのげば自分のペースになったときに試合を有利に進めることができる!』

このように考えるようにしています。

すると、

ストレスの量が軽減され、

集中してプレーをできるようになりました。

補足ですが、

もしも試合中ずっと良いボールを連発して、

結局自分に流れが来ずに負けてしまった場合は、

これが相手の実力なんだと認めるようにしています。

1セットの間ずっといつもより調子が良いということは考えにくいので、

そのプレーがそのプレーヤーの実力なんですよね。

すると、

ズルズル引きずらずに切り替えが早くなりました。

あなたももしストレスを感じたときに、

以上の考え方を試してみてくださいね!!

テニスで調子を悪くしたり上達の妨げになる一番の原因は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする