テニスで声出しをする理由

あなたはテニス中に声を出していますか??

私の場合は自分が打つときに、

「んっ!」

「ほっ!」

「ふっ!」

「だぁ!」

「とぅ!」

「ほぃ!」

「てぃ!」

とか声を出しています。

というのも、

声を出すことで自分のパフォーマンスが高まる

というメリットがあると私は感じています。

パフォーマンスが高まる・・・だと??

うっそだ~~笑

と思ったあなた、これ本当なんですよ!

大きな声を出すことで、

・集中力を高める

・プレーへの気持ちが高まる

・筋肉の萎縮(緊張)から解放される

・勢いを作れる

このような効果があるんです。

これは声を出すと脳が余計な雑念が浮かばないようになるためです。

雑念が消えることで目の前のプレーに意識を集中できるようになり、集中してテニスに没頭することで徐々にプレーへの気持ちが高まっていきます。

プレッシャーも軽減されるため脳がリラックスすることができ、体の筋肉の緊張をほぐすことができます。

よくプロのテニス選手がボールを打つとき、

「あぁぁぁぁい!!!」

「おぉぉぉぉい!!!」

「ほぉぉぉぉぉ!!!」

というように声出しをしてますよね!

プロ選手もパフォーマンスを高めるためにやっていることなんです。

私はここ一番の場面や、緊張した場面では、いつも以上に声を出すようにしています。

以下、私の経験です。

試合で少し緊張しているとき、

あまり積極的にプレーができず、相手に良いプレーが出るとすぐに弱気になることに悩んでいたことがありました。

ある日、

私も出場した近畿大会ダブルスで、ある選手が物凄い大きな声を出してプレーしているところを見つけました。

その人が誰と試合していたかというと、

現プロテニス選手の伊藤竜馬選手でした。

ダブルスの試合でしたが、なんとマッチポイントまで迫っており、

観客も物音1つ出せないくらい、ものすごい緊張感が漂っていて非常に緊迫していました。

その選手はこのポイントに全てを賭けると言わんばかりに、

全てのボールを打つときに、

「おおおおぉぉぉい!!」

と声を出し、物凄くエネルギッシュなプレーをして、

最後はダブルポーチのコートど真ん中に素晴らしいボールをドンッと打って勝利を掴んでいました。

この光景に感動した橋本は、

緊張した場面や、チャンス、マッチポイント

このような時に、その選手に成り切った気持ちで声を出して見ました。

すると、

何か勢いに乗れて、

強気にプレーができるぞ!

それにいつもよりもボールに集中することができて、

コントロールが増してミスが減った!

こんな感覚になり、

気持ちよくプレーができて試合でも勝つことができました。

是非あなたも試して見てください。

もしも声を出すのが恥ずかしい場合は、1度で良いので声を張り上げて見てください。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、徐々に慣れてくると案外になっていきますよ。

テニスで声出しをする理由は以上になります。

スポンサーリンク

シェアする