テニスの試合で緊張している時にアウトを連発する理由

あなたは緊迫した試合の場面で、ストロークがいつもよりもアウトが増えたことありますか?

私は緊張した場面になると、

ミスしたくない・・・

ミスしなくない・・・

ミスしたくない・・・

と考えて、

スイングをする時に、

ボレーのようにボールを押し出す感覚で打ってしまう

という癖がありました。

その結果、

いつものスイングスピードで押し出すスイングになってしまうことで

トップスピンのかかっていない打球ばかりになってボールが全く落ちずにアウトしてしまいます。

おそらくあなたも一度は同じような経験があるのではないでしょうか?

改善点を見いだせていない人が非常に多いように思いますので、

そんなあなたのために頭に入れておくべき解決策を以下にまとめたいと思います。

意識して欲しいのは以下の3つです。

・ヘッドを回転させる

・しっかり踏み込む

・膝を曲げる

スポンサーリンク




ヘッドを回転させる

ボールを押し出す時のスイングはラケットヘッドよりもグリップ側を回転させる感覚となっています。

グリップよりもヘッドを回転させる意識を持ち、

ブンッ!

という鈍いスイングでなく、

シュンッ!

という鋭いスイングを心掛けてみましょう。

そうすることで、

スピンをしっかりかけることができ、ボールがしっかり落ちてアウトを減らすことができるようになってきます。

しっかり踏み込む

よくあるのはスイングがしっかりできていても、

バタバタと浮足立ちながらスイングしてしまって

・全く威力が出ない

・ラケットフレームに当たってしまう

ということが良くあります。

その場合は、

浮足立たずにしっかり止まって踏み込む

これを意識しましょう。

踏み込むことでタメを作れるようになるため、身体の回転力やスイングの力をしっかりボールに伝えられるようになります。

踏み込むためには準備を早めにする必要があります。

しっかり足を動かし、早く軸足の位置を決めてテイクバックできるように意識してみましょう。

膝を曲げる

これがラストですが、

軸足をしっかり決めることができていても、膝を曲げずに、ピンと伸ばした状態で打つことがあります。

私は膝を伸ばして打とうとすると、

膝だけでなく

・肘を伸ばしすぎる

・肩に力が入りすぎる

・胸を張りすぎる

このように、ぎこちないフォームになりがちなので、

まずは膝を曲げ、リラックスしながら打つということを意識しましょう。

以上のことを意識し、

あなたも押し出しスイングのアウトをしないように気をつけましょうね。

テニスの試合で緊張している時にアウトを連発する理由は以上となります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする