アウトを連発?テニスにおける力加減の調節方法について解説

あなたはストロークの練習でアウトをしてしまったとき、

どんな改善点で修正しますか?

・もっとトップスピンを強くかける

・テイクバックを速くして余裕を持ったスイングを心がける

・ボールインパクトのときにラケット面が上向きにならないように注意する

・打点が近すぎず遠すぎない適切な位置で打てるように足を動かす

などなど、色んなアプローチ方法がありますよね。

これらの方法を駆使すればアウトを減らすことができますが、

もっと簡単でシンプルな方法があったりします。

それは、

力加減を調節して

ボールの威力を抑える

ということです。

ミスをしたときに同じ力のまま修正を試みる人が多いですが、

力を緩めて飛距離を調節する方法も効果的だったりします。

特に試合中はスイングに修正を加えるのが怖いことがあるかと思います。

修正を加えることで

逆にネットにかかりやすくなったらどうしよう・・・

とか考えるかもしれません。

ちなみに私がそうでした笑

試合中はとにかくミスをしないことを1番に考える必要があるので、

まずはコートに収まるように力加減を調節し、

余裕があれば徐々に上記で挙げた改善を行うことをオススメします。

以下に力加減の調節方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




力加減の調節方法について

力加減をどのように調節すれば良いかというと、

・スイングのスピード

・テイクバックの深さ

この2つを変えることです。

スイングのスピード

スイングスピードが速ければ速いほどボールに伝わる力は大きくなり

ボールの威力、スピードは上がっていきます。

スイングスピードを緩めることが力を抑える1番の方法です。

加減がわからない場合は、

まずは球出しをするときのスイングスピードまで落とし、

徐々に力を加えて調節するのが良いですね。

テイクバックの深さ

もう1つはテイクバックの深さです。

テイクバックのときにラケットを後ろに引けば引くほどスイングに勢いが増し、

スイングスピードが速くなります

もしもアウトが多い場合は、

少し浅めにテイクバックをして、いつもよりもボールと近い場所から力を入れ始めると威力が弱まります。

ショートラリーをするとき、

サービスラインを大きく超えたところでバウンドしてしまうことがあるかと思います。

そんなときにはこの方法がかなり最適です。

とにかく手っ取り早くアウトを減らしたい場合は試してみてください。

くれぐれも

・ミスしても何も改善しない

・同じ力で打ち続けて同じミスを繰り返す

こんなことが無いように気をつけましょう!

スポンサーリンク







シェアする