テニスが上手なのに試合ですぐ負けてしまう人の特徴について

あなたは『もっと上へいけるはずなのに・・・』と思ったことはありませんか?

フォームもボールの威力も相手より断然上なのに、

なぜかあっさりと負けてしまう人っているんですよね。

それも、3回戦負けとかかなり早い段階で負けることもあります。

今日は、

上手なのに試合ですぐ負けてしまう人の特徴と対策

について書いていきたいと思います。

私の周りにもそういう人がたくさんいましたが、

共通した特徴があるんですよね。

主に2つあります。

・博打ショットをしている

・スイングが小さい

もしも当てはまるのではないかと思ったら、

それぞれ解説していきますので、

是非読んでみてくださいね!!

スポンサーリンク

博打ショットをしている

これは性格の問題でもありますが、

『まぁ、たぶん入るだろう!』

そう思って自分でも全くコントロールできていないスイングをしていると、

ミスは確実に増えてしまいます。

プレーをずっと見ていると、

3往復くらいするとミスをするんですよね。

なので、

相手からすると、

とりあえず深いところに何回か返せば何とかなってしまうんです。

意識してほしいことは、

・相手が打ち込んできた速いボール

・打点が身体と近かったり遠かったりする

このような場合に、

力まず、スイングスピードを少し落として打つことです。

とにかくスイングの角度と面の向きを意識しながらゆっくり当てることで、

スイートスポットに当たる確率が上がり、

ミスは減らすことができます。

スイングが小さい

スイングが小さいと、

前後左右に打点の位置が少しでもズレると

ラケット面の角度がおかしくなって、

コントロールがつきにくくなります。

そのため、

余裕がある場合は、

しっかり打ちたい方向へ踏み込んで打つスクエアスタンスを意識しましょう。

肩幅よりも少し大きく踏み込むことで、

体重移動の力を使って打つことができるので、

スイングが大きくなり、

打ちたい方向へラケットを押す力も強くなります。

そのため、

コントロールがつきやすくなります。

弱いボールになってしまっても、

3往復でミスする選手よりも、

ひたすらミスなく返してくる選手の方が

チャンスボールを得られる可能性は高くなるので、

是非試してみてくださいね!!

テニスが上手なのに試合ですぐ負けてしまう人の特徴については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする