テニスの試合でチャンスボールを量産するための方法

あなたは試合や練習でのラリー中にどれだけチャンスボールが来ますか?

良く多いのが、

とりあえずボールを相手に打ち返してその場をしのごう!

という考えの人なんですよね。

これだと、

相手からチャンスボールが飛んでくることが少なくなります。

チャンスボールが多いと、

攻撃する機会が多くなりますし、

自分のペースでボールを打てるため、

余裕を持ったプレーがしやすくなります。

今日は、

チャンスボールを量産する方法

について書いていきたいと思います。

チャンスボールをたくさんもぎ取るためには、

『意図を持ってプレーする』

ことが大切です。

相手をどう動かして、

どこに打てばミスしてくれるか?

これを考え、

プレーに意図を持たせることで、

今までは、

たまたま相手からチャンスボールが飛んできていたのが、

自分が狙ったタイミングでチャンスボールがやってきたり、

その頻度も高くなってきます。

プレーに意図を持たせるために重要になってくるのは、

・相手の弱点を知る

・コースを狙う

この2つになります。

弱点を狙うことで、

確実に打ち損じが増えることになるので、

対戦相手の弱点を調査するようにしましょう。

試合を眺めてミスが多い展開やショットの傾向を分析したり、

対戦経験のある人に聞いてみるのも1つの手ですね。

その弱点を狙うことで、

相手はどんなボールを返してきやすいか?

についても把握できれば、

返ってきたボールの対応が速くなり、

チャンスボールになる可能性も高くなります。

もし弱点を狙うのが難しい時は、

少しでもコースを狙うようにしましょう。

前後左右に走らされながら打つことで、

スイートスポットを外す確率が70%になる

と言われているので、

せめて走らせることができるスペースに

遅くてもボールを打つことを意識しましょう。

補足として、

人それぞれチャンスボールだと思ったり、

そうでなかったりと判断は違うと思います。

その違いは、

『短時間に動ける範囲』

にあります。

ボールを追いかける距離が短いとネット前にゆるくバウンドしたボールは、

前に追いかけないといけなくなるので、

ピンチになりますが、

たくさん動ける人は

チャンスボールになりますよね。

もしチャンスボールを増やしたい場合は、

いつもよりも動きを速くしてみてください。

とくに、

相手がボールを打ってからの

『動き出しの速さ』

ここを速くすることで、

たくさんのボールをチャンスにすることができますので、

あなたも是非試してみてくださいね!!!

テニスの試合でチャンスボールを量産するための方法は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク