テニスで力みや手打ちになる原因について

あなたはストロークやサーブを打つときに

力みや手打ちになっていると感じたことはありますか?

よく多いのが、

チャンスボールをノータッチエースで

かっこよく決めたいと思って力んでしまったり、

相手の強いボールをもっと強く倍返しで返したい!

と思っていつもより力を入れすぎて手打ちになったり・・・

力むと逆にボールに力が伝わらずにスピードが落ちたり、

安定感がなくなってしまうんですよね。

テニスでスイングする時は力みすぎると逆にボールのスピードが落ちます

力む原因って、

強く打ちたいからというのもありますが、

実はもう一つ大きな原因があるんです。

それは、

緊張

です。

・絶対負けられない試合の1ゲーム目

・やっとの事でもぎ取ったチャンスボール

・相手もマッチポイント

などなど、

このような状況の場合、

ミスしたくない!!

という気持ちが強くなって、

不安に思う気持ちからストレスを感じて緊張してしまい

筋肉が硬直しまうことがあるかと思います。

さらに、

無理に大きくスイングしてフレームショットにならないように

肘や手首を固定して、

ボールにとにかく合わせて打とうとすることもあるかもしれません。

これは私がよくやっていました。

意識的に肘や手首を固定しようとすると、

さらに力んでしまうんですよね。

また、

力んで打とうとする時は、

ラケットにしっかりボールに当てる意識が強くなりすぎて

体のひねりを使えずに手打ちになることもあります。

どうすれば緊張しないようにするかについてですが、

一番良い方法は、

ショットの技術を高めて、

安定感を増す

これです。

緊張してしまうのは、

ミスした時のことを想像してしまっているからです。

練習によってショットの自信を持つことで、

逆にミスをしないイメージに変えてやることが、

緊張を根本から解決する方法になります。

そして結果的に、

力みや手打ちを抑えることができるようになります。

ショットに自信を持つには、

勇気を持って改善を加え、

その改善点に対して反復練習することが大切です。

続けていくと徐々に良いショットの確率が上がっていき、

悪いイメージを良いイメージに

書き換えることができるようになります。

あなたがもし力みや手打ちに悩んでいましたら、

一度この方法を試してみてくださいね!

テニスで力みや手打ちになる原因については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする