テニスの球出しは打てるのにラリーで安定しない場合の対処法

あなたは、球出しでは良いショットを連発するのに、

ラリーになるとミスが多くなってしまうことはありませんか?

ある方が、

『球出しだとうまくトップスピンで打てるのに、

ラリーになるとできなくなるんですよね~』

とおっしゃっていましたが、

こんな症状って思い当たるんじゃないかと思います。

今日は、

球出しでは打てるのにラリーで安定しない時に意識すること

について書いていきたいと思います。

球出しでは打てるのにラリーで打てなくなる原因は、

球出しとラリーの違いによるものです。

主に2つあります。

・球出しでは前後左右の動きが少ないけど、

ラリーは自分から動いて打つ必要がある

・球出しでは回転が少ないボールばかりだけど、

ラリーは様々な回転に対応する必要がある

この2つによって、

タイミングとラケットのスイング方向を正確に合わせることが難しくなるため、

ミスが増えてしまうんです。

そんなときは、

以下を意識してみてください。

・早くボールへ向かって動きだす

・軸足の踏み込み方向を打球方向にする

・相手をよく見て軌道を予測する

しっかりタイミングを合わせるためには、

まずボールを打つ準備をいち早く行い、余裕を持つことが大切です。

テイクバックもネットを超えてバウンドするまでには

完了させるようにしましょう。

また、

左右に振られてしまったとき、

軸足のセットが適当になってしまい、

踏み込む方向があちこちバラバラになることがあります。

クローズドスタンスになると窮屈に打ってしまってボールが飛びにくかったり、

コントロールが難しくなるので、

しっかり打ちたい方向へ踏み込めるような距離感を意識して、

軸足セットを行いましょう。

もう1つ、

ボールの回転によって

ボールの軌道も変わってくるので、

しっかり相手のことを観察する必要があります。

特に、

相手のラケットの向きをしっかり見ておきましょう。

テイクバックでラケット面が上を向いていると、

スライス回転を打ってくる可能性が高いです。

ボールの軌道は直線的に飛んでくることが多いので、

低めのボールを対応するための意識を持っておきましょう。

テイクバックでラケット面がまっすぐか下を向いていると、

トップスピン回転で打ってくる可能性が高いです。

ボールは円を描くような軌道になりやすいので、

高めにバウンドしたボールにも対応できるように、

下がって打つ意識と、

踏み込んでライジングで合わせて打つ意識を持っておくようにしましょう。

これらのことを意識していると、

球出しのボールと同じようにラリーで打つことができるようになるので、

是非試してみてください!!

テニスの球出しは打てるのにラリーで安定しない場合の対処法は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク