テニスの試合で緊張して打ち方が変わってしまっているときにやること

あなたは緊張したり、プレッシャーがかかったとき、

いつものスイングでボールを打つことができますか?

私は緊張すると手首に力を入れて固定してしまって、

縮こまったスイングになってしまいます。

そして、

ラケットをボールに合わせるだけでポンッ!と押し出して打つだけになって、

身体も正面を向いた状態で打ってしまいます。

なんでこんなことになるのかというと、

いつものスイングはスピンをかけて振り抜いて打ちますが、

ラケットの面の角度が下を向いてしまってネットにかかるのではないか?

と考えてしまって、

手首を固定して面の角度がブレないようにしようとしてるんですよね。

さらに、

ラケットを押し出すように打つ方が、

入りやすい気がするので、このようなスイングになってしまいます。

でもこのスイングって、

手首に力を入れて固定していることでグリップを握る力も強くなってしまい、

ボールに力が伝わらないんですよね。

もしもラケットフレームに当たったら全くボールを飛ばすことができなくなり、

ネットにかかったりチャンスボールを与えることが多くなってしまいます。

一番良いのは、

ミスするのが怖くても、

思い切っていつものプレーをやってみるということなんですよね。

そこで、

もしあなたが緊張していつものスイングができなくなった場合は、

2ポイント、3ポイントくらいのミスを覚悟で思い切ってスイングしてみてください。

そこで一度でも良いショットが生まれると、

あっ、このスイングなら大丈夫だ!

と感じることができ、

それ以降も思い切ったプレーをできるようになります。

是非試してみてください!

テニスの試合で緊張して打ち方が変わってしまっているときにやることは以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク