テニスの試合で本気を出すのが怖いときに考えること

あなたは全力を出すのが怖いと思ったことはないですか?

実は、

僕は昔、全力でプレーすることが怖くて、

飄々と当たり障りのないテニスをしていた時期がありました。

いやいや、全力でプレーするのが普通でしょ?

と思うかもしれませんが、

これっておそらく僕だけじゃないと思うんですよね。

いろんな人のプレーを見ていると、

本当はもっと上手なのに力を抑えて練習、試合をしているように見える選手がいるんです。

もしあなたに心当たりがあるなら、

是非最後まで読んで見てくださいね!

僕の経験を例にして解説しますが、

僕の場合は以下の考えがよぎることで全力を出すのが怖くなったことがあります。

スポンサーリンク

全力を出して負けて精神的ダメージを受けたくない

ポイントを取られることはそこまでショックではないものの、

全力でやって試合に負けるのがとても嫌なんですよね。

全力を出して負けてしまったら自信を失ってしまったり、

テニスが楽しくなくなるんじゃないか?

と考えてしまい、

全力を出せれば勝てるかもしれないという希望を残して置くために、

全力でプレーしないんですよね。

負けたとしても、

まぁ本気でやったら勝てるかもしれないし、いいや

と考えて精神的ダメージを軽減しています。

この考えを持っていると、

全力じゃないので、負ける確率は高くなります。

その結果、自信を失うことの方が多くなります。

自分の実力が大したことなかったときの精神的ダメージを受けたくない

本当はとても上手くなりたくて、

試合で良い成績を出したくて仕方がないのですが、

そのために必要な技術や体力があるのか自信がなくて、

自分の実力を知るのが怖いパターンです。

思ってたよりも自分のレベルが低かった場合のショックや、

それによってさらに自信を失ってしまうのではないか?

という恐れから全力でプレーをするのが嫌になってしまいます。

この考えを持っていると、

望んだ成績を残すことが非常に難しくなります。

自分がどの位置にいるのか把握しない状態なので、

課題や目標が曖昧なまま練習をしていることが多いです。

すると上達スピードも緩やかになってしまうので、

逆にライバルに抜かされて成績を落としてしまうことになるかもしれませんね。

全力でプレーする姿を見られるのが恥ずかしい

私は人目を気にするタイプだったので、

全力でプレーしている姿をからかわれるのではないか?

という考えが浮かぶことがありました。

昔、全力でプレーして思いっきりガッツポーズした姿をイジられた経験があるので、

またイジられたくないと思って全力で出すのが嫌になるパターンですね。

どうすればよいか?

このようなとき、

私は以下のように考えることにしました。

確かに全力を出して負けるのは悔しいですし、

思ったより自分のレベルが低かったらショックですが、

自分の現在の位置を知ることによって

本当の自分の課題や目標がはっきりするので、

さらなる上達やリベンジして勝つためのチャンスを得られ、

自信に繋げることが可能になります。

そして、

普段から手を抜かずに一生懸命プレーすることが、

結果的によい成績を残したり、テニスがさらに楽しくなることに繋がる。

あなたもそう思ってみてはいかがでしょうか?

また、

全力プレーをイジられて恥ずかしく感じる場合は、

以下のように考えてみましょう。

上位選手ほど全力プレーを応援している

テニスに本気で向き合っている選手が圧倒的に強くなる

上位選手は普段から全力で必死にプレーしているので、

必ずあなたのプレーを見ると応援してくれます。

それに、

全力でプレーしているということは、

本気で自分のテニスに向き合っている証拠ですので、

とても魅力的で、かっこよく見えます。

胸を張って、自信を持ってプレーし続けて欲しいと思います。

テニスの試合で本気を出すのが怖いときに考えることは以上になります!

スポンサーリンク

シェアする