テニスの試合中にミスをするのが怖いときに意識すること

あなたはミスをしたくないということばかり考えてしまい、

試合展開や戦略について考える余裕がないということはありませんか?

確かにミスをしてしまうと試合展開や戦略もクソもないので、

ミスが重なるとどうしてもミスをしたくないので不安になり、

色々考えてしまいますよね。

今日は、

テニスの試合中にミスをするのが
怖いときに意識すること

について書いていきたいと思います。

特に相手のマッチポイントや、ゲームポイントなどでは、

他のポイントよりも取られたくない気持ちが強くなるので、

次にミスしたら負けてしまう・・・

このポイント取られたら30ー40だからやばい・・・

ミスしたらどうしよう・・・

こんな気持ちになることがあるかと思います。

しかし、

『ミスしたくない』と考えても、

それは『ミスをしないための方法』ではないので、

全く自分のためにならないんですよね。

それに、

ミスを気にしすぎると

さらに不安になって弱気なプレーを招いてしまいます。

これではせっかくのポイント間の時間を無駄にしてしまっています。

もしもあなたが当てはまるのであれば、

試合中の時間を、ミスに対する不安ではなく、

これからの自分のプレーのために有効に使うようにしてみてください。

あなたにやってみてほしいことは、

以下の2つです。

1、ミスしたくない・・・ではなく、

どうすればミスをしなくなるのか?を1つ考えること

2、ミスに対する修正点を見つけたら、

すぐに試合展開、戦略を考えること

さっきのセカンドサーブでオーバーしてフォルトになったのは、

・打点が下すぎて縮こまって打ったから。

・ラケットヘッドよりもグリップが先にスイングしてしまったから。

ということは、

・トスをもっと高く上げて、

しっかり高く、前でボールを捉えるようにしよう!

・縮こまらないように、

しっかり胸を張って、肘を上げて構えよう!

1つでも良いので、

ミスをしないための方法をパッと見つけたら、

その方法を信じて、次は試合展開や戦略を考えましょう。

例えば、

・相手はコースを突かれると、バランスを崩しやすい。

・とくに前後の動きに弱く、浅いボールはラケットに当てるだけになっている。

ということは、

サーブでコースを狙うのもアリだけど、

まずはストロークでよりオープンスペースへ打ちながら、たまにショートクロスに打とう!

そして、

相手のラケット面の角度を見て、さらにショートクロスを注意して、

甘いボールをボレーしてみよう!

というように、

試合展開や戦略について考えながらやるようにしましょう。

私もこれを意識してみましたが、

ミスする怖さが軽減され、思いっきりプレーできるようになり、

実際にミスが減っていきました。

あなたも是非試してみてくださいね!

テニスの試合中にミスをするのが怖いときに意識することは以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク