テニスの試合中にイライラしたときの解消方法について

あなたは試合中に、

・いつもよりも調子が悪い

・相手が調子良くて自分の持ち味が出せない

このような状況になり、

イライラしてプレーに集中できなくなったことはないですか?

私は何度もあります。

どうしてもミスしたくないときにミスが重なってしまい、

ラケットを放り投げたくなることもありました。

そんな精神状態から立ち直るのって非常に難しいですよね。

今日は、

そんなときのイライラ解消方法

について書きました。

イライラ解消の役に立てれば嬉しいです。

『練習通りのプレーを試合でできなくてイライラしてしまっている』

という状態って、

自分の理想と現実のギャップが大きいことが原因なんですよね。

そのため、

試合中にイライラを解消したいのであれば、

このギャップを埋める必要があります。

方法としては、

・良いプレーでギャップを埋める

・現状を実力だと認めてギャップを埋める

この2つのどちらかを選択することですね。

スポンサーリンク

良いプレーでギャップを埋める

イライラを抑える一番良い方法は、

良いプレーで盛り返すことですよね。

上手くいかなかったことが上手くいくようになって、

自分のイメージに近づけることができれば、

イライラは解消できますよね。

そのためには、

自分のチャンスを広げるための対策を練り、

いつもと違うプレーを心がけるようにしましょう。

相手がプレーしやすい状態をいかにして減らすかが大切です。

例えば、

・相手の弱点をとことん狙う

・スライスショットを多用してみる

・スピン量をいつもよりも多くしてみる

このようにして、

相手がどんなアクションをするか見てみましょう。

どこか対応が雑な部分が見つかれば、

そこを突いていき、チャンスを伺いましょう!

ただし、

良いプレーをしようとしていつもよりも力を入れてしまって、

さらにミスをしてイライラを大きくしないように注意が必要ですね。

現状を実力だと認めてギャップを埋める

頑張っても上手くいかない場合、

『自分はこんなものじゃないんだ!』

と思いがちですが、

『今の試合のスコアが相手と自分の実力差』

『理想のイメージのレベルにまだ達していない』

というように、

現在の自分の実力を認めることも大切です。

一旦受け入れ、

そこから、

『今の実力で何ができるのか?』

『今できることをどうやって生かせば勝ててそうか?』

について考えて、

チャレンジャーの気持ちでプレーをするのも1つの手です。

テニスの試合中にイライラしたときの解消方法については以上になります!

スポンサーリンク

シェアする