テニスのインターバルトレーニングのメリットについて

インターバルトレーニングをやったことがありますか??

私はありますが、

めちゃくちゃ辛いですよね。

インターバルトレーニングは

ダッシュとランニングを交互に行うのですが、

ランニングを30秒してからのダッシュを30秒。

これを10分間繰り返すというような感じです。

『え!?まだ続くの???』

『早く終わってぇぇ!!』

という感じでいつも練習していました笑

昔の私みたいに辛すぎてやりたくない人が多いですので、

これをやるメリットについて今日は書いていきたいと思います。

モチベーションを少しでも高められたら嬉しく思います。

インターバルトレーニングは、

ダッシュとランニングを繰り返すことで、

何度も心拍数を高めて(ダッシュ)正常に戻す(ランニング)動作を行います。

それによって心肺機能が鍛えられるので、

一気に運動してゼェゼェ言ってからの立ち直りが非常に速くなります

テニスの試合の場面だと、

長いポイントがあった時にめちゃくちゃ疲れるかと思います。

1ポイントだけどちらもナイスプレーが続出して、

『このポイントは絶対に取りたい!!』

と思って体力の限りプレーしたことありませんか?

そんな場合に、

このトレーニングを行っていることで回復が速くなり、

プレーのパフォーマンスを落としにくくなります。

相手がゼェゼェ言って疲れから立ち直れないときに、

自分はインターバルトレーニングをやっているおかげで

プレーの質を下げないことができれば、

そこで一気に差をつけて勝つことも可能になります。

このような場面をイメージしながらこのトレーニングを行うと、

『あっ、頑張ってみようかな・・・』

という気になりませんか?

回復も速いと試合中に疲労して辛い時間も少しで済むので、

もしやったことがない方も取り入れてみてはいかがでしょうか?

テニスのインターバルトレーニングのメリットについては以上になります!

スポンサーリンク

シェアする