テニス初心者との試合がやりづらいと感じたときに意識すること

あなたは初心者との試合をやりづらいと感じたことがありますか?

私は感じたことがあるのですが、

なぜか自分のリズムに乗れずにいつものプレーじゃない気がするんですよね。

今日は、

テニス初心者との試合がやりづらいと感じたときに意識すること

について書いていきたいと思います。

やりづらいと感じたことないよ~

と思った人はピンとこないかもしれませんが、

やりづらく感じるのは、

以下のようなことが原因なんですよね。

・ボールがどこに飛んで来るかの予測が難しい

・どんな回転、スピードのボールが来るかの予測が難しい

中級者、上級者になると、

ある程度、次に相手がどこへ打って来るか予測できますよね?

・オープンコート

・バックハンド

・深いエリア

などなど

しかし、

初心者ってボールをコートへ入れることを第一優先にしているので、

本当にどこに来るかがわからないんですよね。

それに、

とにかくがむしゃらにラケットに当てて打つので、

ボールの回転も安定していないんですよね。

打ち損じで急に浅いボールや深いボールが来たりするので、

身構えてしまい、

追いかけることを意識しすぎることで打つタイミングを合わせにくくなります。

これがやりづらさの正体なんですよね。

そんなときは、

以下を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク




ラケットの当たり方を見て回転の傾向を見極める

ラケットの当たり方をしっかり見るようにしましょう。

まっすぐ当てて無回転が多かったり、面が上を向いててバックスピンになったりと、

どんな回転のボールが多いのか、傾向を見つけるようにしましょう。

そこから、

どんなバウンドになるのかを考えることで、

徐々にボールの軌道を予測できるようにしましょう。

動き出しを早くする

スピードの遅いボールから急に速いボールが来る場合がありますよね。

そのときに、

遅いボールのリズムに慣れてしまって、

相手が打ったボールを見すぎて動き出しが遅くなることがあるので、

すぐに打った方向へ動き出して、

余裕を持ってテイクバックするようにしましょう。

バウンドの位置をしっかり見る

ただボールを追いかけるだけでは打点が安定しないことがあるかと思います。

特に前後の打点をしっかり合わせるためにも、

バウンドの位置をしっかり見て、

距離感を意識しながらスイングするようにしましょうね。

テニス初心者との試合がやりづらいと感じたときに意識することは以上になります!

スポンサーリンク







シェアする