テニスの前に準備運動、体操をする重要性

あなたは試合前にウォーミングアップをやっていますか??

私は【今は】やっています。

以前は練習着に着替えると、

早くボールを打ちたい!!

というものすごい欲求が心の底から湧き出し、完全に準備運動を忘れてショートラリーを開始していました。

ある敗戦があって心を入れ替えたのですが、今日はその時の経験をお話しします。

これはかなり悪い例なので、

この話を踏まえてウォーミングアップの意識を高めてくれたらうれしいです。

高校2年の時です。

とあるシングルスの試合に出場しました。

次の相手は年上で年強豪校のレギュラーですが、非常に自信を持って試合に臨みました。

序盤からデュースが続いてハードな試合展開で、何とか1ゲーム目を先取して最初のコートチェンジを迎えました。

動きがハードで、

太もも、ふくらはぎに無茶な力の入れ方をしていました。

特にその時は問題がなかったのですが、

その後ゲームカウント5-2となり、あと1ゲームで勝てるところまで来ました。

そこで太ももがいつもより張っていることに気づきました。

「あと1ゲーム取れば良いし、大丈夫だろう・・・」

そう思っていましたが、

あるネット側のボールを追いかけ、太ももにグッと力を入れたときに、

「あっっ!!!」

完全に足が痙攣を起こしました。

そこからは散々で、

思うように動けず小手先で対応することで、

ボールに威力が無くなる

↓↓↓

徐々に押され始め、

相手のペースで試合が動き始める

↓↓↓

相手に試合の主導権を握られる

という流れで、

あっという間に5-5にされてしまい、結局タイブレークで負けてしまいました。

あまりにも悔しくて、涙が流れてきました。

痙攣でチャンスを逃してしまうのは本当に悔しいですし、

大事な試合であればあるほどショックも大きく、もったいないです。

あなたにはそうなって欲しくないので、

最低でも練習、試合の5~10分前にはコートの周りで

ストレッチをして筋肉をほぐし、スポーツドリンクを200mlくらい飲む

というルーチンワークをあなたのルールに付け加えてください。

この一連のリズムを作るだけで、痙攣を起こす可能性を低くし、

パフォーマンスをしっかり維持できるようになります。

テニスの前に準備運動、体操をする重要性については以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク