テニスの試合で負け癖を克服する方法

あなたは何度か負けたことがある相手と試合をするとき、

今日の試合の流れも前回と同じだし、

今回も負けそうだなぁ・・・

と考えたことがありますか?

僕は何回かあります。

そう考えてしまうと、案の定試合で負けてしまうんですよね。

それにあまり悔しくないんですよ。

これって『負け癖』がついているんですよね。

負けるイメージばかり頭にこびりついているため、

前回の負けた時のようなプレーばかりしたり、弱気なプレーしかできなくなるんです。

負け癖は心理的な問題が非常に大きくて、

この人には勝てない

と心の中で完全に認めているということなんです。

なので、

まぁ、この人になら負けてもいいか・・・

と考えてしまい、前回と同じ展開でやられたりするんです。

今日は、

負け癖を克服するためには、

どんな改善をする必要があるのか?

について書いていきたいと思います。

負け癖は、

「諦めの気持ち」からやってきます。

そのため、

いかに負けたくない!という気持ちを持って勝気で臨めるかが重要なんですよね。

以下に私がやっている勝ちを諦めにくくするための方法を解説していきますね!

スポンサーリンク




勝つイメージを持つ

自分の得意なプレーを出せなかったり、負けるイメージばかり頭に浮かぶことで、

実際にそのようなプレーをしてしまいやすくなります。

一旦悪いイメージを消して、

自分が得意なプレーで有利な試合展開を作るイメージを考えてみましょう。

想像して、妄想して、

むふふっ!

とニヤけるくらいイメージしてみましょう!

すると、

勝ちたいという気持ちが強くなっていきます。

相手のプレーを観察する

相手はどのようなプレーを強みにしており、

どんな試合展開に持ち込まれてポイントを取られるのかを分析することもオススメです。

実際の試合を眺めて、ミスしたプレーを観察してみましょう。

相手はフォアハンドやバックバンドのストロークが得意だけど、

実は低めのボールが前屈みで打ってしまってネットにかかることが多い!

とか、

実はスライス回転のボール打つときに

身体が反りがちになってしまってアウトをしてしまう!

など、

弱点を見つけることで、

あっ、ここを狙えば勝てるかもっ!

と思えるようになり、試合にプジティブな気持ちで臨めるようになります。

いつもと違うプレーと戦略を考える

今までポイントを取られた場面を、どのように展開を修正すれば良かったのか?

という自分のプレーの判断を見直すことも重要です。

ビデオカメラで試合の動画を撮ると、

プレーの傾向がわかりやすいので修正点が見つけやすくなります。

いつもサイドに打たれたサーブを、

バランスが外に傾いた状態で相手コートの中央に打ってしまって、

逆側のオープンスペースに打ち込まれてしまう。

という場合が多いのであれば、

バランスを崩さないように軸をまっすぐにして打ち、戻りを早くする

とか、

打った後のバランスが崩れてもコースを狙って打つことで相手にチャンスボールを与えない

とか

ロブを深い位置に打って、自分がセンターへ戻る時間を確保する

など、

いつもと違った展開が何かできないか?

について考えてみることで、

この方法なら今までポイントを取られていた展開で逆にやり返せる!

という勝ちへの希望が生まれ、諦めが悪くなります。

あなたも負け癖を感じた時は、以上の3点を意識してみてくださいね!

テニスの試合で負け癖を克服する方法は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする