テニスで相手の動く方向によってショットコースを変更するべきか

あなたはチャンスボールを打つ方法をとっさに変更した経験がありませんか?

『とっさに』というのは、

スイングする直前もしくは、スイングの途中です。

あるなぁ・・・

と私のように感じたあなた、

その修正したショットを打った後、そのポイントは取れましたか??

私は軌道変更しない方勝率は高いように感じました!

おそらく、

誰もが相手がボールを打った瞬間から自分コートにバウンドするまでの間に、どこへ打つかを決めているかと思います。

そして決めたコースへに打つためのステップやテイクバックをしますが、

相手が打つ方向を察知して、その方向へ向かって全力疾走した場合、

あっ、間違えなく届いて返球されるな・・・

と相手の動きを見て、とっさにコースを変更するパターンが多いですよね。

相手は全力疾走してるし、

これ逆側狙ったらバランス崩してエース取れるんじゃね??

と考えて、相手の逆をつくことでストロークやボレー、スマッシュでエースを取りたいと考えるんですよね。

コースを変えることで相手は逆方向に動かないといけないので、うまく打てれば効果的ですが、

打つ直前に強引にコースを変更してミスをするということがありました。

私が思うのは、

スイング直前に変更するくらいなら、そのまま決めたコースに打った方がポイントを取れる可能性が高まる

ということです。

とっさにショットコースを変更するとなると、

身体の向きやラケットの角度が打つ方向にセットされている状態から修正するので、

手首や肘を曲げたり伸ばしたりして打つことになりがちです。

手首や肘を変に動かさずにいつもの自然な打ち方でコースを変更できる場合は問題ないですが、

いつもと違うフォームになるとボールインパクトや回転、威力、コースが中途半端になってしまい、

逆にミスしたりチャンスボールを与えることにもあり得ます。

エースを取ろうと思わず、次のボールをしっかり決めるという意識を持つ方が、強引に軌道変更するよりもポイントが取れる確率は高くなります。

相手も全力のダッシュ追いかけておりタイミングは合いづらいので、しっかりボールを打つことができればまたチャンスボールがやってきます。

もし一度でもコースの軌道変更をして後悔したことがある場合は、焦らずに決めたコースに打つことをオススメします。

テニスで相手の動く方向によってショットコースを変更するべきかについては以上になります。

スポンサーリンク

シェアする