テニスの試合で戦略に目を向けるための方法

あなたはテニスの試合の時に、

どれだけ戦略について考えてプレーしていますか?

ただボールを返すだけでは、

相手が打ちやすいところへボールを打ってしまう確率が高まってしまいます。

そのため、

試合中は相手のプレーの分析や戦略に目を向けられることが大切です。

今日は、

テニスの試合で戦略に目を向けるための方法

について書いていきたいと思います。

戦略に目を向けられないのは、

『もっとラケットを斜め上に振り上げて回転をかけないと!』

『サーブはもっと打点を高くして振り抜かないと!』

このように、

フォームばかり気にしてしまって、

ミスをせずに相手コートへボールを入れることで頭がいっぱいになり、

戦略に目を向ける余裕がないことが大きな原因です。

これって、

試合をしているけど、

感覚は練習なんですよね。

そのため、

『試合は今の実力を試す場』

『ミスも含めて自分の実力』

だと考えて、

フォームの改善をほどほどにして、

意識的に戦略に目を向けるようにしてみましょう。

フォームの改善ばかりしているよりも、

相手の弱点を見つけて、

そこを突くことの方がチャンスが広がりやすくなりますし、

自分の強みを使ってできる勝ちパターンを試すことに

意識を持って行ったほうが、

勝つ確率は高まります。

また、

フォームを定着させるための基礎練習に時間をかけていないと、

このようなことになりやすくなります。

そのため、

しっかり基礎練習で自分のフォームの改善を行う時間を作りましょう。

基礎が固まることで、

意識せずとも安定してボールを打ち返すことができるようになるので、

戦略や相手の分析に頭を使えるようになります。

テニスの試合で戦略に目を向けるための方法は以上になります!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク