テニスの試合では攻めと守りにメリハリをつけよう

あなたはテニスの試合中、攻めと守りを意識していますか??

攻めのタイミングと守りのタイミングを考えながらプレーすることで、

ミスの頻度が少なくなり、自分の実力を出しやすくなります。

色んな人のプレーを見ていて思うのが、

相手の強いショットに対抗して

無理に強く打つ必要が本当にありますか?

ということなんですよね。

今日は、

テニスの試合で攻めと守りにメリハリをつけることの重要性

について書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

こんなタイプの人は要注意です。

・ゆっくりのボールは、強く打つ

・速いボールは、その打球よりも速く打つ

・強い回転のボールは、その打球よりも回転をかけて打つ

相手の打球よりも強いボールを打って常に相手を上回ろうと考える人がいます。

勝つためにはいつでも相手よりも

強いボールが打てないといけない!

というわけではないですので、

相手のナイスプレーにいちいち対抗せずに受け流してしまう方が良いです。

もちろん対抗できる技術があれば対抗した方が良いですが、

自分がコントロールできないレベルでのプレーをする場合は避けた方が得策です。

コントロールできないプレーは必ずミスの頻度が増えますし、

ストレスを感じやすくなります。

対抗して自滅をして勝手にストレスを溜めてイライラし、

さらにプレーが雑になって自滅を繰り返す人も中にはいたりします。

攻めと守りをどう分けるか?

ゆっくりのボールを打つ時、多くの人が自信を持って打つことができますが、

その時は打った時のボールの軌道をイメージする事ができています。

フレームショットにならず、

どれくらいの回転とスピードで打つかを想像できている状態ですね。

攻めてもよいのは、

自分がこれから打つ打球をイメージできる時です。

逆に相手の打球のスピードや回転が強くなればなるほど、

ボールを打ち返す時、どれくらいの力、スイングでボールを当てれば、

どんな軌道になるのかをイメージするのは難しくなってきます。

もしも全く想像がつかない場合は、

攻めではなく守りを選ぶべきです。

つまり、

とにかく強引に力と回転を入れて打ち返すのではなく、

コンパクトなテイクバックでまっすぐ山なりな軌道でベースライン側を狙うのが良いです。

できれば左右のコースも狙えると良いですね。

(相手を4、5歩程度走らせることができれば、相手のフレームショットの確率は大きく上がり、再度打ち込まれる確率も低くなります)

こちらのフレームショットも少なくなるので、必ずこちらのミスの確率が低くなります。

相手のショットが浅かったり、緩くなり、自分がコントロールできそうだと思ったら、

すかさず力強く速度と回転を意識して攻めに転じましょう。

このように攻めと守りにメリハリをつけることで、自分のミスを減らしつつ、攻めの成功率も高くなります。

1ポイントで相手が打つ回数も増えるので、相手のミスによる得点も多くなります

もしも相手の全ての打球に対抗している場合は、

以上のように受け流しながら要所要所で攻めに転じるプレーも試してみてはいかがでしょうか??

テニスの試合で攻めと守りにメリハリをつけることの重要性については以上になります。

スポンサーリンク

シェアする