ラリーが続かない!テニスでボレーストローク練習を上手くする方法

あなたはボレーストロークを上手く続けることができますか?

ボレーストロークって続けばとても楽しいですが、

ある程度ボールをコントロールができないとなかなか続かず、

3往復くらいで終わったりしてしまいます。

ちなみに私は全然続かずに練習がグダグダになってしまったことが度々あったりします笑

まずはボレーやストロークの基本をしっかり練習して、

ある程度の安定感が得られるようになってからボレーストロークの練習をすることがおすすめですが、

今日は初心者でも長く続けるためのコツを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ストローク側

ストローク側で気をつけたいことは、

・腰をしっかり落として打つ

・バウンドの軌道予測をする

ということです。

腰をしっかり落として打つ

これが一番重要です。

ボレーは基本的にスライス回転がかかっているため、

低い軌道でバウンドも滑ってきます。

すると低い打点で差し込まれるため、

しっかり低く構えず膝が伸びた状態だと、打点と顔が遠くなりコントロールしにくくなります。

腰を低くすることで動き出しが多少速くなるので、ボレーが浅くなった時も拾いやすくなりますね。

バウンドの軌道予測をする

ボレーストロークはテンポが速いため、自分の打ちやすい打点で打つのが難しくなります。

動き出しを速くするだけでなく、

しっかりボールの軌道を予測して、正確に効率よくボールとの距離感を測れるようにする必要があります。

相手のラケット面の角度をしっかり観察して、

・どれくらいのスピード

・どれくらいの強さのスライス回転

・どんな軌道、深さ

・どんなバウンド

これらを予測して動くようにしましょう。

補足として、

ストローク側はちゃんとボレー側に返球できるかな~・・・

と心配になるかもしれませんが、

多少アウトしててもボレーの守備範囲内である場合が多いので、あまり気にせず強気でスイングしましょう。

ボレー側

ボレー側は特にストローク側は返球しやすい軌道、深さで打ち返すことが大切になります。

上手くコントロールするには、以下の2つを意識してみましょう。

・とにかくボールの高さに合わせる

・面を上向きにしてフワッとを意識する

順に解説していきますね。

とにかくボールの高さに合わせる

ボレーの軌道が上手くコントロールできていない人は、

ボールの高さに合わせたラケットセットを意識できていないことが多いです。

ネットの白帯の上から60センチくらいの間

を狙ってラケットセットを行うのが良いです。

例えばボールの高さが白帯と同じであれば、

ラケットセットはボールと同じくらいの高さです。

白帯より60センチ高い場合は、

ラケットはボールよりも5~10センチくらい高い位置でセットします。

白帯よりも40センチ低い場合は、

ラケットはボールよりも5~10センチくらい低い位置でセットします。

このようにネットの白帯を基準にしてラケットセットを高さを調節していきましょう。

面を上向きにしてフワッとを意識する

ボレーストロークはストロークラリーよりも距離が近いため、

テンポがかなり速くなります。

そのため何往復も続けるためには力加減も意識する必要があります。

相手に余裕があるときはグッと力を入れてある程度鋭いボールを打ち、

相手のバランスが崩れてしまっているときはさらに追い討ちをかけるのではなく、

フワッとしたボールを打ちやすい場所に返してあげると長く続き、相手も喜ぶかと思います。

フワッとしてボレーを打つには、

ラケット面が上を向いていることが重要になります。

球出しのような感覚で、ボールインパクトに少しだけグッと力を入れます。

軽いスライス回転でフワッと浮かせることができれば、

さらに滞空時間が長くなるのでストローク側に余裕が生まれますね。

ボレーストロークの練習をするときは、是非以上のことを意識してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする