テニスのボレーを手首の力で打っていませんか?

あなたはボレーをするときに、手首の力を使って打つことはありませんか?

確かに手首を使えばボールへ力を伝えやすそうですし、

威力が出そうに思いますよね。

私も昔は手首を使っていました。

ボレーをしている人を見ると、

初心者の方はかなりの確率でバックボレーで手首をこねたり

回転させて威力を出そうとしています。

しかし、

これではラケットヘッドがグリップより先に回るので、

スライス回転にならずに逆にドライブ回転になっていたり、

ポンッと当てるだけになってほぼ無回転のボールになってしまいます。

さらに手首の力だけしかボールに伝わらないので、

結果的にチャンスボールを与えることになってしまいます。

さらに私の場合は、

手首に負担がかかりすぎて手首を痛めてしまいました。

ボレーは、

手首をなるべく固定して打つ方が強いボールを打てますし、

スライス回転をかけることで相手に嫌がられます。

今日は、

ボレーで注意する点

を解説していきたいと思います。

以下をできているかを見直してみてください。

スポンサーリンク




1、一歩踏み込んでボレー

打つ側と反対の足をいっぽ踏み込んでボレーすることで、

前への体重移動の力を利用して打つことができます。

右利きのフォアボレーなら、

左足を一歩前に踏み込んでボレーするようにしましょう。

2、横向きに構える

横向き、斜め向きに身体を向けることで、

強いボールにも身体全体で踏ん張れるような体勢になります。

真正面を向いて肩、肘、腕だけで返そうとすると力負けしてしまったり、

コントロールも難しいので、横向きでボレーすることも意識してみてください!

3、前でボールを捉える

せっかく一歩踏み出して横向きでボレーができても、

打点の位置が後ろの方で身体に近いと、肘を曲げすぎて打つことになり、

ボールに威力が出ません。

横向きを作って構えるときに、

ラケット面は視界にしっかり映るくらい前にセットをしておきましょう。

持ち方はサーブと同じで、コンチネンタルグリップです。

包丁を持つ時と同じ持ち方ですね。

たまにソフトテニスの癖でウエスタングリップでボレーをしている人がいますが、

正面のボールに対応できても真っ直ぐ押し出す打ち方しかできないので、

ボールのコントロールが非常に難しいです。

それに手首を痛めてしまうので、必ずコンチネンタルグリップで打ちましょうね!

補足ですが、

バックボレーは打つときに胸を張るように意識をすることで、

ボールの威力に負けずに打ち返しやすくなります。

是非試してみてくださいね!

今日の内容は以上になります!

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする