テニスの雑誌やDVDからの学びを最大限高める方法

あなたはテニスの上達のために雑誌やDVDを購入したことがありますか?

私は何回か買ったことがありますが、

現在のフォームからどこをどう直したら良いのかわからず、

あまり役に立たなかった経験があります。

あなたはそんな経験ありますか???

今日はそんな経験があるあなたのために、

『雑誌やDVDからの学びを最大限高める方法』

について書いていきたいと思います。

私もあれから色々研究した結果、

効率の良い学び方を編み出したので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

重要なのは自分を知ること

DVDで学ぶ前にやっておくべき、1番重要なことがあります。

それは、

『今自分のフォームってどうなってるのか』

これなんです。

まずは自分が

・どんなフォームか?

・どのようなスイングか?

・どんな打球を打つのか?

を把握しましょう。

というのも、

多くの人は、自分が現在どんなフォームをしているのかを知らないまま、

お手本のフォームをぼんやりと眺めながら改善しようとしがちなんですよね。

スタート地点とゴール地点が曖昧なのに

そりゃ効果があるわけないですよね。

どうやってフォームを把握するか?

把握するためには何度も繰り返し見れるように動画に撮った方が良いです。

おすすめの方法としては、

・スマホで誰かに動画を撮ってもらう

・三脚(1000円くらい)に固定して自分で動画を撮る

この2つがオススメですね。

まずフォームの確認をして、

・右で打った時の左手の位置がおかしい気がする

・スイング後のラケットの向きや位置ってこうなっているのか

・打点の位置はここなのか

・身体の軸が傾きすぎだな

・肩に力を入れすぎているかな?

・てかこんなフォームなのか・・・・

・サーブのフォーム気持ち悪っ!

・ミスして何わろとんねん

こんな気づきがあるかと思います。

その気づきの中から、

・左手の位置

・打点の位置

など1つだけにポイントを絞り、

雑誌やDVDで解説されている通りに修正していきます。

左手の位置はここら辺で・・・

軸の向きを意識して・・・

リラックスもして・・・

と複数の改善ポイントを一気に意識すると、どれも中途半端になって何も改善されないことになってしまいます。

1つの改善点を実践

↓↓↓

改善の成果が感じられた

↓↓↓

次の改善点を実践

このように必ず1つだけ取り入れて実践するようにしましょう。

DVDや雑誌から学ぶときの注意点

改善内容があまりにも違和感がある場合は、

「改善点を取り入れない」

というのも1つの手です。

以前私のダブルスパートナーがある人からフォアハンドの指導を受けていました。

非常に実力があり、コーチの経験も豊富な方だったので、

その人の言うことを全て鵜呑みにして実践していました。

しかし、

そこで教えてもらった「手首の使い方」「肘の角度」などの改善点を実践すると、

力も入れにくいぎこちないフォームになってしまいました。

何度も練習で実践してみるも、

あまりにも違和感が大きく、以前よりも明らかにパフォーマンスが悪くなっていたので、

「これで良いんだろうか?」

と本人も疑問に感じており、結局元のフォームに戻すことにしました。

雑誌やDVDで解説されていることであっても、

それが本人に合っているかについては多少の個人差があります。

何度も試してうまくいかないことをずっと実践することで逆に自信を損ねることにもなりますので、

取り入れる情報にも注意をしましょう。

はしもんがオススメするテニスが上達するDVD情報

私が信頼できると感じたテニスのDVDを厳選してまとめました。

・初心者向け

・ダブルス

・各ショット(ストローク、ボレー、サーブ)

この3つに分けて紹介しています。

DVDはテニススクールのレッスンとは違い、

何度も繰り返し見ることができるので、一つのDVDから集中して学ぶことで非常に効率良く上達することができます。

是非あなたに合ったDVDを探してみてくださいね。

上達できるおすすめのテニスDVD情報はこちら

テニスの雑誌やDVDからの学びを最大限高める方法は以上になります。

スポンサーリンク

シェアする