テニスで上達するコツは負けず嫌いなこと

あなたは『負けず嫌い』ですか??

私はテニスに関しては誰よりも負けず嫌いで、試合に負けた後は試合前よりも燃えて練習したくなるタイプです。

そこで、

私が負けず嫌いで理想だなと思うテニスの王子様のキャラクターがいるのですが、

誰かわかりますでしょうか??

答えは・・・・

遠山金太郎君

金ちゃんです。

大阪、四天宝寺中学の一年生でありながら、部員の中ではすでに一番強いルーキーなんです。

どこが負けず嫌いかというと、彼は試合で負けた相手に何度も勝つまで挑戦し続けるのです。

これは読んでいる人にしかわかりませんが、

立海大付属の幸村精市君との勝負に負けて以来、勝つまで100回学校に乗り込んで試合を挑み続けたらしいです。

そんなアホな・・・

と思うかもしれませんが、僕はこれを知って、

すげぇぇぇ!

これなんだよなぁ・・・

と感じました。

・何度負けても諦めないメンタル

・前向きに勝負を挑んでいく姿勢

・それでいてテニスを誰よりも楽しむ姿

本当に僕が思い描く理想だなと感じました。

テニスにおいて『負けず嫌い』って大きな武器になるんですよね。

負けたくない!という強い想いが原動力になり、心を奮い立たせて勝つために練習に没頭することができます。

それに勝った自分というイメージが他のプレーヤーよりも強く明確なので、『勝つプレー』がイメージでき、ものすごくプラス思考なんですよね。

私が今まで関わってきた上手なプレーヤーは、みんな負けず嫌いでした。

負けるとめちゃくちゃ悔しがって、負けた後の時間は友達と遊ばずに練習しているプレーヤーが多かったですね。

あなたも、

『負けたくない理由』
『勝って得られること』

これらについて今一度考えて、少しでも負けず嫌いでテニスに臨んでみてくださいね!

今日の内容は以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク