テニスでスプリットステップをやるメリット

リターンの反応を早くしたい方必見です。

あなたはリターンの時にスプリットステップをやっていますか?

スプリットステップとは、

相手が打つタイミングに跳ね、着地と同時にボールに向かって動くことです。

相手がサーブを打つ時にピョンと跳ねることで、突っ立ってるよりも動き出しを早くすることができるため、サーブに対する反応が良くなります。

私はいつも使っています。

このスプリットステップは、錦織圭選手も使っていますね。

フォア側に構え、相手がサーブを打つ瞬間にピョンと跳ねて正面を向き、着地と同時にボールに向かって動き出します。

それだけボールを打つための

準備が早くなり、自分の望んだ打点で打ちやすくなりますので、

初心者でもやっておくのが良いかと思います。

やるときは、

スプリットステップをやる時、やらない時の違いをしっかり身体で理解した上でやるようにしましょうね。

あまり理解していないと、

打った後にピョンと跳ねてしまって、足が着地した頃にはボールが体の横を過ぎ去っている

なんて事もありますので・・・

僕の個人的な印象ですが、

スプリットステップは、ボールに対する反応速度が良くなるだけでなく、

「あっ、この人強そう・・・」

という上手なイメージを持たれることが多いです。

初心者、初中級者が試合の相手だと、

「勝てる気がしない・・・」

と勝手に思ってくれて、最初から心理的有利に働くこともあります。

是非、試してみてくださいね!!

テニスでスプリットステップをやるメリットは以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク