テニスでトップスピンの打ち方がよく分かる練習方法について

あなたはストロークで、

ボールにトップスピンをしっかりかけて打つことができますか?

僕はフラット気味に打ちがちですが、

スピンを打つのも得意です。

トップスピンを打つのが苦手な人って、

ラケットの面が下を向いてしまったり、

斜め上にスイングしてボールに当てるのが難しく感じて、

ボールと水平に打ったりしてしまいがちですよね。

今日は、

トップスピンを打つときのスイング感覚を掴むための練習方法

について書いていきたいと思います。

トップスピンを綺麗に打つことができると、

空気抵抗でベースラインまでにボールがストーン!と落ちてくれるので、

ボールをコートに収めやすくなります。

スピンをうまくかけられる自信があると、

アウトによるミスの不安が少なくなるので、

思い切ってスイングしてボールを打つことができるようになるんですよね。

この感覚を掴むことができれば安定感を感じながら

楽しくプレーすることができますので、是非取り組んでみてくださいね!

その方法とは、

1、ネットの白帯とラケットでボールを挟み、コロコロ動かす。

2、勢いよくラケットを上向きにスイングし、ボールをネットの向こうへ飛ばす

この2ステップです。

トップスピンを打つために重要なことは、

ラケットを下から斜め上にスイングして、

ラケット面を地面と垂直にまっすぐボールを当てることです。

この練習によって、

斜め上にスイングしてボールに当てる感覚を掴み、

且つ、

ラケット面を垂直に安定させて打つ力が身につきます。

注意点としては、

必ず面を垂直に固定した状態でコロコロしましょう。

ボールに当たるラケット面が上や下を向いていると、

白帯にラケットフレームが当たってしまったり、

ボールにうまく回転をかけて飛ばすことが難しくなります。

このような面が安定していない状態でのストロークは、

『スピン』や『威力』のどちらかに偏った打ち方になるので、

打球が安定しません。

しっかり垂直を意識しましょうね。

もう1つは、

スクエアスタンスで構え、足をネットに垂直に並べて

しっかり横向きを作った状態でコロコロしましょう。

最初からオープンスタンスのようにネットに平行に足が並んでいる状態で練習を行うと、

打点が後ろの状態で回転をかけてしまいやすくなります。

しっかりスクエアスタンスで、

打点を前に来ている足のつま先くらいを目安にしてコロコロしましょうね!

テニスでトップスピンの打ち方がよく分かる練習方法については以上になります。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク