テニスのジャックナイフの打ち方

あなたは『ジャックナイフ』って聞いたことがありますか?

折りたたみ式ナイフのことではなくて、

テニスのショットにジャックナイフという打ち方があるんですよ。

テニスの王子様で聞いたことがあるかもしれませんね。

桃城武君や鬼十次郎先輩が使う必殺技です。

実はこれって実際のテニスでも使われているんですよ。

かっこいいですよね~!!

僕もたまにやるんですが、

うまく打てると、

オレかっけぇぇぇ!!!

というナルシストな部分に磨きがかかります笑

今日は、

ジャックナイフのメリットと打ち方

について書いていきたいと思います。

メリットと打ち方を以下にまとめてみました。

スポンサーリンク




メリット

高めのボールが打ちやすくなる

肩よりも高めのボールをバックバンドで打つのは難しいですよね。

ジャックナイフをうまく打つことができれば、

胸からお腹あたりの高さでバックハンドが打てるようになるため、威力が高まります。

高い打点で打てる

ジャンプをするので、

高い打点でボールを捉えることができますよね。

そのため、フラットでボールをしっかり叩くことができます。

速い展開に持ち込める

私はこれが一番メリットとして大きいと思っています。

ボールの跳ね上がり際を狙うことで、

ライジングショットを相手コートにスパーン!と打つことができます。

相手側はボールを打ち返すとすぐに威力のあるボールが返ってくるので、

体勢を整える暇もなくラケットを合わせるだけになってしまいます。

ジャックナイフをする場合は、

以上のメリットを意識した上で打つようにしましょうね!

打ち方(右利き)

まずは一連の流れを書いて行きます。

1、右足でジャンプする

↓↓↓

2、重心を右足にセット

(右足だけで立てるように体重を傾けるイメージ!)

↓↓↓

3、左ひざ、太ももを前にする

↓↓↓

4、打つと同時に左足を後ろに蹴る

基本的な動作はこんな感じです。

これの難しいところは、打点が安定しないところです。

打点の位置が身体から離れすぎてしまうことで、両腕を曲げすぎたり、伸ばしすぎたりしてしまって、

うまくスイングできなかったり力が入らなかったりします。

また、

バランスが崩れてしまって、

打点がズレることで威力が弱まったり、ミスをしやすくなりますので、

・ボールの軌道予測ができる

・バウンドしたボールの上がり際をしっかりラケットで抑えこんで打てる

・空中でもバランスを保てる

このような力を身につけているプレーヤー向けになります。

とはいえ、

練習を積み重ねれば確実にできるようになるので、是非練習してみてください。

テニスのジャックナイフの打ち方は以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

 

勝つ技術を身につけるノウハウブックを無料公開中です!

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク







シェアする