テニスの練習で自分の当たり前を再確認しましょう

あなたはコーチやチームメイトの

アドバイスをどれくらい受け入れていますか?

しっかり聞き入れる人もいれば、

このアドバイスは自分とは関係ない!

とか、

そもそもアドバイスなんて自分に必要ない!

というように、様々なタイプの人がいますよね。

あなたはどのタイプに当てはまりますか?

今日は、

練習で自分の当たり前を再確認することの重要性

について書いていきたいと思います。

アドバイスに対して聞き耳を持っている人の方が上達は速いです。

何を言っているのかを理解しようとして、アドバイスを頭に入れておくということですね。

例えば、

自分はウエスタングリップでサーブを打つ方が力が入る

と思っている場合、

コンチネンタルグリップでサーブを打つ方が、

スピンをかけやすかったり、プロネーションによる回内動作を使って打てたり、

身体全体の力を使って打つことができるので、

ウエスタングリップよりもコンチネンタルグリップの方が

回転量も威力も高くなりますよ〜

コンチネンタルグリップやってみましょう!

と言ってみても、

う〜ん・・・

コーチはそうかもしれないけど、私がやって威力が出るとは思えない・・・

それにコンチネンタルグリップの持ち方嫌いだし、

違和感がある!

これは必要ないアドバイスだな!

という考えでは、上達にすぐ限界がきてしまいますよね。

ウエスタングリップのまま打って手首を痛めることになると最悪です。

もし、あまり聞き入れたくないと思う場合は、

自分の当たり前を一度再確認してみてください。

本当にウエスタングリップのサーブで一番力が入るの?

ウエスタングリップでボレーすると正面のボールにも対応しやすいけど、

本当にこれでよいの?

そうすることで、

あなたの上達の可能性を広げ、上達スピードも高めることができます。

是非試してみてください。

今日の内容は以上になります!

スポンサーリンク

シェアする