テニスの球出し練習は上手だけどラリーは下手な選手がやるべきこと

あなたは球出しでは打てた最高のショットをラリーで再現することができますか?

よくあるのは、

球出しではものすごく素晴らしいボールを打つことができるのに、

ラリーでは変に回転をかけすぎたり、

ラケットを押し出しすぎて無回転になっていたりと、

打球の質が全く違うものになってしまい、

ミスが多くなったりするパターンですね。

なんでこんなことになってしまうかというと、

球出しは基本的にゆっくりと無回転でボールがやってくるので、

ほとんど動かずに目の前のボールを打つことができますよね。

タイミングもバッチリ合わせることができるので、

ミスも少なくなります。

しかし、

ラリーで飛んでくるボールは、

自分からボールへ近づいていって打つ必要があります。

それに、

球出しのボールよりも回転がかかってたり、

ボールの回転や威力、コートの種類によってバウンドが変わったりと、

タイミングが合わせるのが難しくなるので、

ミスが増えてしまいます。

どうすれば球出し練習のように安定して打てるようになるかというと、

以下のことをラリーの中で考えていく必要があります。

・ボールの軌道予測(バウンド前と後の両方)

・フットワーク(ボールへの近づき方)

・ボールのスピード

スポンサーリンク




ボールの軌道予測(バウンド前と後の両方)

強くトップスピン回転がかかっている場合は、

円を描きような軌道を描きますよね。

スライス回転がかかっていると直線的な軌道を描きます。

さらにバウンド後の跳ねる高さや球足もスピンボールによって変わってきますし、

コートの種類によってもバウンドの仕方も変わってきます。

例えば、ハードコートであれば、

球足が速く、バウンドも高めだと知っていればテイクバック後の

ラケットの高さのセットも的確にできるようになり、

ラケットフレームに当たったり、変にスピンをかけすぎたりすることがなくなります。

フットワーク(ボールへの近づき方)

自分からボールへ近づいていくので、

足の位置をどこにセットして打てば良いのかをしっかり考える必要があります。

右利きの人がフォアハンドで打つ場合、

飛んできたボールに対して、軸足(右足)をどこにセットし、

どの方向に左足で踏み込んで打てば狙ったコースへ打てるのかを考えながら、

しっかり動き出しを早くして実践できるようにしてみましょう。

ボールのスピード

どのタイミングでラケットを振りはじめると

自分の打ちやすい打点で打てるのかも非常に重要です。

早くスイングしすぎたり、

振り遅れてしまってアウトにならないように、

これくらいのスピードならこれくらいのタイミングで振りはじめる

という感覚をつかむように意識してみてください。

テニスの球出し練習は上手だけどラリーは下手な選手がやるべきことは以上になります!

スポンサーリンク







シェアする