テニスの手打ちの原因と直す方法について

あなたはラリーをしているとき、

たいして威力のないボールを打ち返しているはずなのに、

自分の打球に威力を感じないことがありますか?

それは手打ちになっている可能性が高いです。

手打ちとは、

『腕の振りだけでボールを打っている』

状態のことです。

手打ちを続けると、

肘や肩に負担がかかりすぎて、痛めやすくなります。

そのため、

心当たりがある場合は早急に改善をする必要があります。

原因としては、以下が挙げられます。

1、ボールのインパクトの時に身体を回転していない。

2、回転はしているが、体が開ききった状態で打っている。

つまり、

身体の回転力をいかに

腕に伝えてスイングできるか?

が重要になってきます。

そのための方法を解説していきますね!

以下の3点を意識しましょう。

スポンサーリンク




身体の回転と同時にスイングする

腰や肩を回転させると同時にスイングをしましょう。

普段のスイングに身体の回転を加えることで、

・スイングスピードが向上する

・打球のスピードが上がる

・重くてスピードのあるボールに対応出来る

というメリットがあります。

一度素振りをして、いつもよりスイングスピードが上がったり、スイングに力強さを感じたら、ラリーや壁打ちなどで試してみましょう。

しかし、回転により体が開きすぎてしまうと力が逃げてしまい威力が落ちるため、

開き過ぎないように注意する必要があります。

左手の位置が胸や腹の前にセットする

身体を回転させて打っても、

左腕がすでにスイング後の身体が開いた位置にセットしている場合、

身体の回転力が逃げてしまうことがあります。

それを防ぐ方法として、

左手の位置を胸や腹の前にセットすることで、身体の回転のし過ぎを防ぐことができます。

これは身体のバランスをとることもできるため、

しっかり軸をまっすぐ安定させることができます。

顔はボールの方向を向くこと

ボールを打つ瞬間に相手の方を見ていると、

身体が開いていなくても回転力を失ってしまいます。

インパクトまで顔を回転させないように意識することで体が開きにくくなり、

しっかり身体の回転力をボールに伝えることができます。

逆に顔の向きをずっと固定しても身体が回転しづらくなって手打ちになってしまいますので

注意しましょう。

この3点を意識することで手打ちが解消されるので、

是非試してみてください。

テニスの手打ちの原因と直す方法については以上になります。

まだ日本にない世界最先端の指導法が公開されました!

クリックすると公式サイトが開きます。

スポンサーリンク







シェアする